ここから本文です

トム・ハンクス、『ハドソン川の奇跡』にコメント

リアルサウンド 9/11(日) 12:00配信

 9月24日公開『ハドソン川の奇跡』より、9・11アメリカ同時多発テロ事件から15年目となる本日、主役のサリー機長を演じるトム・ハンクスよりコメントが寄せられた。

 本作はマンハッタン上空で起きた2009年の航空機事故を題材に、クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎えて描く人間ドラマ。機長の手記を基に、制御不能となった飛行機をハドソン川に不時着させ、乗客全員の命を救った奇跡の生還劇を描く。ほか、キャストにはアーロン・エッカート、ローラ・リニーらが名を連ねる。

 本日はアメリカ同時多発テロが起きた9月11日。航空機を使った史上最大のテロ事件である9・11は、ハイジャックされた航空機がワールドトレードセンターに向かって突っ込み、その様子は世界中で報道され、ニューヨーク市民だけでなく世界に衝撃を与えた。

 主演を務めたトム・ハンクスは、9.11のような航空機テロについて「アメリカをはじめ他の国であまりにも何度も起きている。もうアメリカがそういうことを経験するのは見たくない。そういう映像に見慣れてしまった。爆弾? 爆発? 一体何が起きたんだ?とね」と言及。続けて「(映画のモデルとなった航空機事故は)人々が不安に思っていた正反対のことが起きたんだ。もしハドソン川に不時着していなければ、また何万人という人々を殺すことになるニューヨーク市の甚大な飛行機墜落事故になるところだったんだ」と語った。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/11(日) 12:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。