ここから本文です

代表戻りのリーグ初戦で明と暗 原口が好調キープするも香川や岡崎らはアピールできず

Football ZONE web 9/11(日) 8:18配信

清武は長旅のコンディションに加え、来週のユベントス戦を見据えてベンチ外に

 10日に行われた欧州各国リーグ戦で、バイド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表クラスの選手が多く試合に出場した。その一方で、MF香川真司(ドルトムント)やMF清武弘嗣(セビージャ)は負傷や長旅のコンディションを懸念されベンチ外、FW岡崎慎司(レスター)は前半のみの出場で無得点など、代表の主力メンバーはアピールしきれなかった。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 代表合流直後の一戦で先発フル出場を果たしたのは酒井高徳(ハンブルガーSV)、MF長谷部誠(フランクフルト)、FW原口元気(ヘルタ)。そのなかで原口は前半8分にFWイビセビッチ、後半41分にもFWシーバーの得点をお膳立てして2アシストをマーク。ワールドカップ予選タイ戦で決勝弾を決めた男は好調をキープしている。

 また今夏、磐田からへーレンフェーンに移籍した小林祐希も先発出場。前半6分にいきなり警告を受けたが、オランダデビューを飾っている。

 清武弘嗣は移動距離の長さおよび来週のミッドウィークにUEFAチャンピオンズリーグ・ユベントス戦を控えるため、今回ベンチ入りしなかった。セビージャはラス・パルマス戦の前半16分に先制を許し苦しい展開となったが、後半44分に清武とポジションを争うMFパブロ・サラビアが途中出場で同点弾。そして、後半アディショナルタイムに同じくFWカルロス・フェルナンデスの劇的な一撃で勝ち点3を手にした。

岡崎はライバルのムサと途中交代

 香川は日本代表戦で足首を捻挫した影響でメンバー外となった。そのドルトムントはMFゲッツェ、FWシュールレを起用したもののライプツィヒを崩せず。終盤に決勝弾を許し、第2節にしてリーグ初黒星を喫した。

 プレミア勢では岡崎がリバプール戦でFWヴァーディとのお馴染みの2トップで先発して精力的な動きを見せたものの、ハーフタイムでFWムサとの交代を命じられた。またアーセナルと対戦したサウザンプトンでは吉田麻也はベンチ入りしたものの出番なしに終わっている。代表でレギュラークラスの選手が出場時間に恵まれていないのは気になるところだ。

 10日の主な海外組の出場状況と試合結果は以下の通り。

【先発フル出場】
酒井高徳(レバークーゼン3-1ハンブルガーSV)
原口元気(インゴルシュタット0-2ヘルタ)
長谷部誠(ダルムシュタット1-0フランクフルト)

【先発途中交代】
大迫勇也:後半22分(ボルフスブルク0-0ケルン)
岡崎慎司:ハーフタイム(リバプール4-1レスター)
小林祐希:後半17分(へーレンフェーン3-1トゥエンテ)

【ベンチ入りも出番なし】
吉田麻也(アーセナル2-1サウザンプトン)

【ベンチ外】
清武弘嗣(セビージャ2-1ラス・パルマス)
香川真司(ライプツィヒ1-0ドルトムント)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/11(日) 8:18

Football ZONE web