ここから本文です

「バレンシアが強ければ残留していた」クラブOBがアルカセルのバルサ移籍を擁護

フットボールチャンネル 9/11(日) 7:40配信

 バレンシアが誇るレジェンドGKサンティアゴ・カニサレス氏は、同クラブの顔だったFWパコ・アルカセルがバルセロナに移籍したことに理解を示している。9日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 1999/2000、2000/01の2シーズン連続でバレンシアがチャンピオンズリーグ準優勝を果たし、2001/02、2003/04シーズンでリーガエスパニョーラ制覇を成し遂げた、チーム黄金期のGKカニサレス氏は、チームの若き顔だったアルカセルがバルセロナへ去ったことについて「アルカセルは、バレンシアがもっと競争力のあるチームだったら残留していただろう」と述べた。

 さらに「(彼のような選手なら)10年とか12年とか在籍し、500試合くらいこのチームでプレーしていたのが普通であったのに」とチームの顔の流出を惜しみながらも、アルカセルの移籍決断に理解を示している。

 また、カニサレス氏は昨季12位、今季も開幕2連敗スタートと、低迷気味のバレンシアについては「もう少しうまく噛み合えばCLに戻れるのでは」と楽観視するコメントを残している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/11(日) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。