ここから本文です

「レアルとアトレティコへの処分は妥当」バルサ元会長がFIFA処分に言及

フットボールチャンネル 9/11(日) 9:10配信

 バルセロナの元会長ジョアン・ラポルタ氏は、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの両チームが、FIFAより今冬と来夏の補強を禁止されたことについて「行き過ぎではない」と述べている。9日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 ラポルタ元会長は現地9日(金)、カタルーニャ州タラゴナ県の町で、故ヨハン・クライフ氏の名前が付けられた通りの記念プレート除幕式に参加し、その場でマドリードの両クラブがFIFAより補強禁止処分を受けたことについて言及した。

 ラポルタ氏は、今冬と来夏の2期の禁止処分は、バルセロナが以前に受けた処分と同等のものであり、決して行き過ぎたものではないと、FIFAの処分に同調の姿勢を見せている。

 また、それとは別に、ジョセップ・マリア・バルトロメウ現会長に対し「(今年6月)リオネル・メッシが裁判所に出廷する際に、彼に同伴しなかったことは恥ずべきことだ」というコメントも残した。

 ラポルタ元会長は2003年~2010年にかけてバルセロナの会長を務め、故クライフ氏との関係を重視し、フランク・ライカールト監督、ジョセップ・グアルディオラ監督を招聘し、チームの新たな黄金期の礎づくりに貢献した人物だ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/11(日) 9:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。