ここから本文です

「自分の歌を試合中に歌わないでくれ」 王者レスター撃破後にクロップ監督が異例のお願い

Football ZONE web 9/11(日) 11:20配信

レスター戦後、上機嫌のクロップ監督はジョークを交えてサポーターに呼びかけ

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、昨季のプレミア王者レスター・シティを4-1で破った10日の試合後に、サポーターたちへ異例のお願いをしている。英公共放送「BBC」が報じた。

【写真特集】リオ五輪を彩った女子サッカーの美女選手たち

 そのお願いとは、「自分の歌を試合中に歌わないでくれ」というもの。クロップ監督は、ジョークを交えてこう語った。

「ユルゲン・クロップ ラララララ~。と、こういう感じの歌だと思うのだけど、それを試合中には歌わないでほしいんだ。彼らがその歌を歌い始めると、私にはいつも不運がやってくるんだ。彼らが歌い始めた途端にレスターに大チャンスが訪れたしね。これはPKを決める前に喜んでいるようなものだよ。決めてから喜ぶべきなのと同じように、全てが終わってから歌ってほしいんだ」

 王者レスターをホームで粉砕した指揮官は上機嫌ながらも、放送を通してサポーターに異例のお願いをしている。ストレートに捉えれば、不運を呼ぶ応援歌ということになるが、その真意はサポーターも含めて、喜ぶのは試合に勝ってからにしようということなのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/11(日) 11:20

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。