ここから本文です

「俺はメッシ、Cロナ級」発言のサンチェスに、あのレジェンドがまたも呟いた

フットボールチャンネル 9/11(日) 9:50配信

 元イングランド代表のゲーリー・リネカー氏が、アーセナルのアレクシス・サンチェスの「俺は世界トップ2にも引けを取らない」発言に反応した。9日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 リネカー氏と言えば、いまやSNSやテレビでの奔放な発言でも注目を集める存在だ。最近でも、公約通り古巣レスター優勝時にパンツ一枚でテレビ出演したり、リオネル・メッシの脱税問題の判決を受けての「脱税者はみなスペインに移住したがる」という発言、またEUROでイングランドがアイスランドに敗れた際の「プロ選手より火山が多い国に負けた」発言など、皮肉やユーモアの混じった発言が話題になっている。

 そして、今回の標的はチリ代表のエース・サンチェスだ。サンチェスと言えば、先日「自分はメッシ、クリスティアーノ・ロナウドと同レベルの選手だ」という発言を行い、話題を呼んでいた。

 これに対し、リネカー氏はツイッター上で「自分に自信を持っていることには感心する。だが、それは間違ってはいないかな。素晴らしい選手だけど、あの2人と同じリーグでプレーしているわけではないからね」とつぶやき、サンチェスをいい選手と認めつつも、発言の内容には疑問を呈した。さて、影響力のあるリネカー氏の発言に世論はどう反応するか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/11(日) 9:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。