ここから本文です

因縁対決に勝利のペップ。破竹の4連勝に「我々は優勝候補の一角にいる」

フットボールチャンネル 9/11(日) 11:10配信

 注目のマンチェスターダービーに勝利した、マンチェスター・シティのジョセップ・グアルディオラ監督は、チームが優勝候補の一角にいることに満足しているようだ。10日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』などが報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 オールドトラフォードに乗り込み、宿敵マンチェスター・ユナイテッドを2-1で破ったシティはこれで破竹の4連勝だ。グアルディオラ監督は「まだわずか4試合が過ぎただけだ。リーグ制覇の可能性を持つチームが6~7ある。我々がその中にいるというのはいいことだ」と満足感を述べる。

 また、試合について「前半は非常によかった。我々は非常によく動いていた。後半はユナイテッドがいくつかの変更を行ったこともあり、我々は苦しんだ」と述べ、「ただ多くのカウンターの機会を作った。追加点を取れないと苦しむことになる。しかし、オールドトラフォードでプレーする難しさは分かっているし、我々が前半に行ったようなパフォーマンスをするのは難しいことなのだ」と振り返っている。

 そして、何といってもジョゼ・モウリーニョ監督との因縁対決に注目が集まったが「彼は勝利を望み。私も勝利を望む。そんなシンプルなものだ。彼も私も大人だ。彼を非常にリスペクトしているよ」というコメントを残した。

フットボールチャンネル

最終更新:9/11(日) 11:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。