ここから本文です

本拠地ウディネーゼ戦で本田の先発落ちが決定的 3試合連続のベンチスタートか

Football ZONE web 9/11(日) 19:16配信

数人の主力が欠場するも、4-3-3システムは継続の方針

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、11日の本拠地ウディネーゼ戦で今季3試合連続の先発落ちとなることが決定的になった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 ウディネーゼ戦では、前節ナポリ戦で退場処分を受けたMFユライ・クツカとFWエムベイエ・ニアングが出場停止。また、移籍市場最終日に獲得したチリ代表MFマティ・フェルナンデスが代表戦で負傷し、数人の主力が不在だ。そうした状況下でもヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、4-3-3システムを継続する方針だという。

 GKは17歳の守護神ドンナルンマで、4バックは右からアバーテ、パレッタ、ロマニョーリ、アントネッリが並ぶ。中盤は右からポーリ、モントリーボ、今季ベジクタシュから獲得した元アルゼンチン代表MFホセ・ソサが入る。3トップは元U-21スペイン代表スソが右ウイング、中央はバッカ、左ウイングには中盤からボナベントゥーラがシフトする。

 リーグ開幕2試合で出番のなかった本田は、ハリルジャパンのロシア・ワールドカップアジア最終予選2試合に先発。1日の本拠地UAE戦でゴールを決めたものの、6日の敵地タイ戦では絶好機に空振りし、ハリルホジッチ監督の激怒を誘う場面もあった。

監督は「スソを好む」と序列を明らかに

 試合勘の欠如が危惧される本田について、モンテッラ監督は「コンディションはいい」としながらも、「私はスソを好んでいるが、彼のプレースタイルは重要だ」とチーム内の序列を記者会見で明確にしている。

 指揮官の構想に本田は入っていると思われるが、それでも現状はベンチ要員。背番号10の誇りにかけて、本田は屈辱の逆境を乗り切ることができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/11(日) 19:16

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。