ここから本文です

本拠地ウディネーゼ戦で本田の先発落ちが決定的 3試合連続のベンチスタートか

Football ZONE web 2016/9/11(日) 19:16配信

数人の主力が欠場するも、4-3-3システムは継続の方針

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、11日の本拠地ウディネーゼ戦で今季3試合連続の先発落ちとなることが決定的になった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 ウディネーゼ戦では、前節ナポリ戦で退場処分を受けたMFユライ・クツカとFWエムベイエ・ニアングが出場停止。また、移籍市場最終日に獲得したチリ代表MFマティ・フェルナンデスが代表戦で負傷し、数人の主力が不在だ。そうした状況下でもヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、4-3-3システムを継続する方針だという。

 GKは17歳の守護神ドンナルンマで、4バックは右からアバーテ、パレッタ、ロマニョーリ、アントネッリが並ぶ。中盤は右からポーリ、モントリーボ、今季ベジクタシュから獲得した元アルゼンチン代表MFホセ・ソサが入る。3トップは元U-21スペイン代表スソが右ウイング、中央はバッカ、左ウイングには中盤からボナベントゥーラがシフトする。

 リーグ開幕2試合で出番のなかった本田は、ハリルジャパンのロシア・ワールドカップアジア最終予選2試合に先発。1日の本拠地UAE戦でゴールを決めたものの、6日の敵地タイ戦では絶好機に空振りし、ハリルホジッチ監督の激怒を誘う場面もあった。

監督は「スソを好む」と序列を明らかに

 試合勘の欠如が危惧される本田について、モンテッラ監督は「コンディションはいい」としながらも、「私はスソを好んでいるが、彼のプレースタイルは重要だ」とチーム内の序列を記者会見で明確にしている。

 指揮官の構想に本田は入っていると思われるが、それでも現状はベンチ要員。背番号10の誇りにかけて、本田は屈辱の逆境を乗り切ることができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2016/9/11(日) 19:16

Football ZONE web

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。