ここから本文です

グリーズマン、“残留争い“発言をチームメートに謝罪「公の場で言うべきではなかった」

フットボールチャンネル 9/11(日) 15:08配信

 アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、チームへの危機感から「このままじゃ残留争いだ」と発言したことについて、チームメートに謝罪を行った。10日付のスペイン『EFE通信』が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 アトレティコは今季リーガエスパニョーラで開幕から2試合連続ドローと低調なスタート。エースのグリーズマンは8月27日の第2節レガネス戦を終えたあとチームへの危機感を口にしたが、MFサウール・ニゲスはこれに対して「自分の発言をよく考えるべきだ」と真っ向から反論していた。

 10日のセルタ・デ・ビーゴ戦では、アトレティコはグリーズマンの2得点などによりアウェイで4-0の快勝を収めた。グリーズマンは自身の発言が不適切であったことを認め、試合後に次のようにコメントしている。

「謝りたいと思う。僕がしたような発言は公にするようなものではなく、ドレッシングルーム内にとどめるべきものだった。公の場で、チームメートたちを悪く言ってしまった。だから今回は公に謝罪したい」

 実際のところ、セルタ戦で今季初白星を挙げたことで、チームは残留争いを心配するような状況から脱したと言えそうだ。今季初ゴールを含む2得点を挙げたグリーズマンにも、これからさらなるゴール量産が期待される。

フットボールチャンネル

最終更新:9/11(日) 15:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。