ここから本文です

「彼は私の椅子に座る」とベンゲル監督が語る“後継者候補” 今冬にアーセナルと新たな長期契約も

Football ZONE web 9/11(日) 22:20配信

ウィルシャーがボーンマスへ1年間の期限付き移籍。新天地で再起なるか

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が1年間の期限付き移籍でボーンマスへ放出したイングランド代表MFジャック・ウィルシャーについて、今冬にも新たな長期契約を結ぶ準備を進めているようだ。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 度重なる負傷によってトップフォームを取り戻せずにいる“ガラスの天才”は、今夏にアーセナルから離れる決断をした。出場機会を得るため、プレミア昇格2年目のボーンマスへ期限付き移籍し、再起を期す。

 アーセナルを率いるベンゲル監督はウィルシャーの才能に惚れ込み、自身の後継者候補であるという衝撃の発表をして話題にもなっていた。

「私は、個人的に彼(ウィルシャー)のキャリアを通じて、ここでプレーすることを祈っている。間違いなく、彼は私の(監督の)椅子に座るだろう。彼は本当の意味で、フットボールの頭脳を持っている。フットボールを理解している。それは彼の染色体に染みついているものだ。もちろん、彼の将来はアーセナルに存在すると考えている。彼はフットボールの世界で生き続ける、“フットボールの男”なんだ」

アーセナルとの契約は18年6月末まで

 ボーンマスへ武者修行に出たウィルシャーに長期契約延長の打診を準備していることも明らかになった。フランス人指揮官は「私は彼との契約延長を望んでいる。12月頃には話合いがスタートすると思っている」と、具体的な交渉の開始時期について言及している。

 ウィルシャーとアーセナルとの契約は2018年6月末までとなっている。ボーンマスでプレーする今季が終われば、契約は残り1年。その卓越したテクニックと攻撃センスはイングランド人プレーヤー屈指の水準で、数々のワールドクラスを指導してきたベンゲル監督が一流と認めている。24歳のレフティーはその期待に応え、再び輝きを放つことができるか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/11(日) 22:20

Football ZONE web