ここから本文です

香川、欠場翌日も別メニュー調整。スパイク履かずランニングで汗を流す

フットボールチャンネル 9/11(日) 22:03配信

 足首の捻挫で現地時間10日のRBライプツィヒ戦を欠場したドルトムントの香川真司は、試合翌日の練習もチームから離れて別メニュー調整を続けた。独紙『ルール・ナハリヒテン』が11日の練習の様子を伝えている。

軽快な動きでアピールする香川真司【現地貴重映像】

 RBライプツィヒ戦に出場したメンバーは14日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節レギア・ワルシャワ戦に向け、自転車に乗ってリカバリーに取り組んだ。控え組は通常の練習を行い、ミニゲームなどで調整している。

 控え組のトレーニングではトーマス・トゥヘル監督自らクロスを上げて選手をサポートする場面を見られた。

 負傷からの復帰を目指す香川は、控え組のトレーニングから外れてウォーミングアップ用シューズで練習場のピッチでランニングするにとどまった。足首の捻挫は日本代表での活動中に負ったもので受傷からある程度時間を経ているが、現時点で全体練習に合流していない状況を考慮するとCLのレギア・ワルシャワ戦での復帰は難しいかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:9/11(日) 22:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。