ここから本文です

中年になっても大人になれない人たち…手遅れになる前に始める、知性ある大人としての生き方

ダ・ヴィンチニュース 9/11(日) 9:00配信

 知性あるおとなになりたい人へおくる、“知的人間”の生き方を綴った『本物のおとな論~人生を豊かにする作法~』が2016年9月8日(木)に発売された。

 “このごろ、大人が少なくなってきたのではないでしょうか”雑談をしていた仲間のひとりからこぼれたこの言葉に、著者は強い印象を受けたという。たしかにそういう気がする。なんのかんのと言うけれど、世の中、少しずつ良くなっている。教育も普及し、高等教育を受ける人がおびただしく増加した。しかし、めでたいことずくめのようでありながら、いつまでも一人前の人間にならない大きなこどもも増えている。

 当り前だ。学校は、生活を停止して知識を教えるところであって、何年学校にいても生活経験は少しも増えないのだから。大人は生活経験によって磨き上げられるものだから、学校を出た人が生活に欠けるのはむしろ当然。いつまでもこども的で、大人になれない。

 それに家庭が豊かになった。こどもが少なく、ひとりっ子が増える。子だくさんの家庭で、揉まれるようにして育つ子は早く大人になることができるが、“ハコ入りこども”として大事に育てられたのでは、そもそも、生活がないのだ。いつまでたっても大人になることが難しい。

 かつては若いうちに大人になることができたが、今はそうはいかない。心ある人は中年になりかけるところで大人になろうとする。大人の年齢がそれだけ高くなったといえるが、長生きできるようになったのだから、大人の年齢が高くなっても心配することはないのかもしれない。

 問題は、中年になっても大人になれない人たちが少なくないことだ。大きなこどものまま老年を迎えればどういうことになるか。一部ではそれが現実になっている。決してよい高齢者とは言えない。手おくれになる前に、大人になる努力をはじめなくてはならないが、多くがうっかりしているというのが現状だ。

 「正直ではなく、白いウソをつくのが大人」「裁くのではなく、他人を応援するのが大人」「真似でなく、自分の頭で考えるのが大人」―知性あるおとなとしての生き方のヒントを、92歳の「知の巨人」がわたしたち日本人に教えてくれる。

外山滋比古
1923年生まれ。評論家、エッセイスト。東京文理科大学卒。『英語青年』編集を経て、東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授などを歴任。専門の英文学のみならず、思考、日本語論などさまざまな分野で創造的な仕事を続け、その存在は、「知の巨人」と称される。著書に、『思考の整理学』『知的生活習慣』、『乱読のセレンディピティ』、『50代から始める知的生活術』などがある。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:9/11(日) 9:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。