ここから本文です

「大規模開発の動きはチャンス」奇跡の自然を守った、神奈川県の常識破りの自然保護運動とは?

ダ・ヴィンチニュース 9/11(日) 9:00配信

 自然保護・環境保全運動といえば、「自然は手付かずのままに!と訴える」「レジャー施設建設などの大規模開発には断固反対」といった活動をイメージする人が多いだろう。だが、『「奇跡の自然」の守りかた: 三浦半島・小網代の谷から』 (岸由二、柳瀬博一/ちくまプリマー新書)で描かれる、著者たちが取り組んできた保全活動はその正反対のものだ。

 「小網代(こあじろ)の谷」とは、神奈川県三浦半島の先端にある、70haのひとまとまりの自然環境のこと。山のてっぺんから川の源流~河口まで、流域のすべてがまるごと自然のまま守られている点が特徴で、このような環境を持った場所は首都圏には見当たらないという。

 その保全運動は1980年代前半から始まったが、時は日本がバブルへと向かう時期。小網代でもゴルフ場開発の計画が持ち上がっていたが、保全運動をしていた著者たちは、その動きを“チャンス”と捉えたそうだ。

 というのも、当時の小網代はほとんどが私有地で、自由に宅地を造成できる市街化区域。放っておけば個々の地権者が開発を進めてしまう状況だった。だが、大規模開発の計画が持ち上がるのであれば、「流域まるごと」の保全へと舵を切ることも容易となる……と著者たちは考えたわけだ。

 さらに「ゴルフ場には反対しつつも自然重視の開発には賛成」といった柔軟な姿勢を保ち、過度な政治運動化も避けたことから、環境保全の考えは行政側や開発者側にも徐々に浸透。小網代は保全の方向へと動いていく。

 また小網代の森を2014年7月から一般開放するにあたっては、事前に「川の流路の変更」「水系を覆う藪の除去」「樹木の整理」などの整備を実施。それにより生物の多様性は一気に回復し、尾瀬のような美しい湿原ができあがったそうだ。

 このように自然に積極的に手を入れて、環境を整備していく過程からは、「里山の美しい自然は人の手入れなしには維持できない」という実情も伝わってくる。実際、小網代の下流部も1960年代までは田んぼだった地域。その後は水田が放置され、2000年代には人も入れない荒れ放題の状態になっていたそうだ。

 なお小網代の森が一般開放されてから、最寄駅の京浜急行三崎口駅の利用者は急増しているという。

 大規模開発の動きにも上手く寄り添い、自然を人の手で整備して環境を整える。その自然を多くの人に見てもらうことで、保全に関わる自治体や企業も潤い、保全活動を応援する人も増えていく……。「自然を守れ!」「環境破壊反対!」と声高に叫ぶよりも合理的で、結果的に自然もしっかり守れる環境保全運動のあり方を、本書は提示している。

文=古澤誠一郎

最終更新:9/11(日) 9:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。