ここから本文です

猫ブームの今日に光る“愛パグ家”の日常4コマ

ダ・ヴィンチニュース 9/11(日) 18:00配信

 猫ブーム、続いているようですね。ある試算によれば、ネコノミクスと称される経済効果は、2015年だけでもおよそ2兆円に上るんだとか。そのうち飼育費用や関連書籍の売り上げといった「直接効果」だけを見ても、優に1兆円を超えるんだそうです。

 とはいえ、1兆円がどのくらい かピンと来ない、庶民の私。調べてみたら、あの白紙撤回された新国立競技場。当初予算より膨らみすぎだと騒がれた、流線型が特徴のデザインのアレの総工費が、2500億くらいだったようです。…4つ、造れてしまいますね。いやはや、凄い金額です。

 まさに、猫も杓子もの、猫ブーム。写真集やエッセイといった動物関連本の出版にも、にゃんこの大波が訪れていることは、書店を訪れる皆様ならごぞんじかと思います。しかしそんな中でも、いや、そんな中だからこそ、キラリと光る“にゃんこ以外”の動物本も、数多く世に出ているこの頃。今回は、猫派を自認する私がココロ動かされた、キュートなわんこの本のご紹介です。

『パグまんが めー語』(よしこ/河出書房新社)は、漫画家のよしこさんによる、愛犬との生活を綴ったコミックエッセイ。FC2ブログやTwitterで人気の4コマ作品たちが、描き下ろしを加えて書籍化されたものです。

 主人公は、9歳になるパグのめーちゃん。好きなものは、食べもの全般。嫌いなものはだっこと高いところ、歯みがきに耳掃除に爪切り、それからお注射。お気に入りのおもちゃは、くまちゃんのぬいぐるみと、人間。人間「と」は遊びたがらないけれど、人間「で」遊ぶのは好きという、ちょっとやんちゃな男の子です。

 パグといえば思い浮かぶのは、やはり皺の深い顔立ちでしょうか。厚みのあるマズルや、ぎょろりと大きなお目々から、何となく怖いイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。でも、当のめーちゃん本人(犬)は、とっても人(犬)懐っこくてマイペース。お散歩や動物病院で初めて会った相手にも、ぺろぺろと積極的にコミュニケーションを取りにいくタイプのようで…彼の辞書に、人(犬)見知りの言葉は無さそうです。

 人間でいえば、60歳近いお爺ちゃんにあたる、めーちゃん。その暮らしぶりはというと、普段はのんびりしているのに、食べものに関する言葉には、驚くほど敏感に反応する。夏は網戸を破り、冬はストーブの番に勤しむ。用を足す時、たまに大と小を間違えて姿勢を取るなど、まさに「わんこあるある」満載といった感じ。愛犬家なら思わず、笑みがこぼれるのではないでしょうか。

 そんな内容も勿論ですが、著者のよしこさんによる可愛らしいイラストも、この本の魅力のひとつです。一見あっさりとした絵柄にも思えますが、弾力のある線は愛を滲ませながら、パグのチャームポイント――ぽっちゃりとしたお腹やフェイスライン、ぺろんと垂れたお耳などを的確に捉えています。ひと続きの線でこんなにも、柔らかさを醸し出せるなんて、スゴい画力です!

 同書には既に公開された作品のほか、ゆるすぎて話が進まない「パグで読む名作劇場」や、マイペースなめーちゃんとお勉強できる「パグで学ぶ授業」といった特集も収録。名前の由来などにも触れた仔犬時代のエピソードのほか、書き下ろしのカラーまんがも掲載されているので、初見の方は勿論、既存ファンの皆さんも満足できるはずです。

 読み終わる頃にはきっと、パグの首回りのたぷたぷや、あたたかい匂いを体感したくなることでしょう。大盛り上がりを狙った逸話や、激しい描写はありませんが、それでもこの本には確かに、五感に訴える何かがあるのです。

 秋の夜にしみる、愛犬との暮らしの記録。めーちゃんとよしこさんの楽しい毎日を、あなたも少しだけ見学してみませんか?

文=神田はるよ

最終更新:9/11(日) 18:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。