ここから本文です

新時代の有能なリーダーに不可欠な7つの資質 アメとムチはもう効かない

Forbes JAPAN 9/11(日) 15:00配信

私たちは仕事や働く人たち、それらの関わり方についてより多くを学び、知識を積み重ねている。そして、以前とは異なり、職場のリーダーたちの資質に関する事実──彼らの多くには、不可決なスキルが備わっていないということ──について率直に語り始めている。



リーダーたちの多くは、他の従業員たちとどのように話し、どのように話を聞けばいいのかさえ分かっていない。人の理解について確かめる方法も、チームを団結させる方法も分かっていない。

従業員を管理するための「アメとムチ」のような古いツールは、この新たな世紀には必要がない。報奨や処罰などで管理しようとする方法は、ほとんど無駄なのだ。働く人たちはいまや、アメにもムチにも動機付けられることはない。

従業員たちは職場の一員として認められ、尊重されたいのだ。その何がいけないのだろうか?リーダーシップに関連するスキルのうち、最も多くの管理職に不足しているのは、次の7つだ。

1.他者の視点でものを見る

顧客であれ、自身の上司や部下であれ、良い管理職は他人の視点で物事をみることができる。このスキルを簡単に磨く方法はない。状況をみながら話し合うことを通じて、こうした見方を身に付けていくほかない。

2. 容認する

「認める」能力は、悪い知らせや驚くような話を聞いても瞬時に反応せず、状況を見守ることができる能力だ。真のリーダーたちは、周囲の人たちがその人自身でいることを認める。良くも悪くも問題は起きるものだということを理解しており、落ち着いて対応すれば、自分たちのチームはそれらを解決できると分かっている。

3. 知的好奇心

リーダーたちが身に付け、伸ばすべき最も重要なスキルの一つが好奇心だ。「方針に合わない」「気に入らない」「君が決めることではない」などと言わずに、人の意見や質問に応じようとする姿勢を保つためには、好奇心が必要だ。人の「思考過程を理解したい」と思えるのが、有能なリーダーだ。

1/2ページ

最終更新:9/11(日) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ