ここから本文です

ラッパーのドレイク、「高級ストリップクラブ」をオープンの噂

Forbes JAPAN 9/11(日) 18:00配信

ラッパーのドレイクは今年、様々な音楽チャートを制覇してきたが、過去の栄光に浸ってのんびり過ごすタイプではなく、成功すればするほど上を目指したくなるようだ。音楽業界だけでは飽き足らない彼は、ナイトクラブビジネスに進出することを明らかにした。



ドレイクはインスタグラム上で新たにナイトクラブをオープンすると発表したが、その詳細は明らかになっていない。分かっているのは名前がThe Ballet(ザ・バレエ)で、彼がツアーに出ていないときによく過ごすヒューストンにオープンすることのみ。どのような施設になるのかは発表されていない。

The Balletがストリップクラブになるという報道もあるが、一般的に想像するようなものではないようだ。ドレイクは一流であり、仮にストリップクラブであったとしても一流のものになるはずだ。実際にドレイク側はストリップクラブであることを否定しているが、内容について明言していないのも確かだ。

ドレイクがツアーでヒューストンに立ち寄った際にThe Balletのポップアップバージョンが出現しており、ドレイクはインスタグラムでロゴのようなものをシェアし、「女性が一段高い場所にいて、忘れられない体験ができる場所だ」と説明した。このことから高級ストリップクラブ、あるいはストリップを交えたショーが連想された。

「ワン・ダンス」がヒットしたドレイクはヒップホップ界で最も成功している人物だ。2016年は3,850万ドル(約39億円)と、ヒップホップ界で4番目に稼いでいる。自身がプロデュースのウイスキーに続き、ナイトクラブの運営も手掛けるドレイクは、2017年にはさらに順位を上げることだろう。

Hugh McIntyre

最終更新:9/11(日) 18:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。