ここから本文です

楢﨑に笑顔が戻った! 酸いも甘いも嚙み分けた守護神が語る“闘莉王効果”

SOCCER DIGEST Web 9月11日(日)9時0分配信

「闘莉王はドゥンガでも出せない存在感だと思う」(楢﨑)。

[J1第2ステージ11節]新潟0-1名古屋/9月10日/デンカS
 
 アディショナルタイム表示の5分を経過した90+6分――相手が入れたロングボールのこぼれ球を田中マルクス闘莉王が胸トラップで落とし、GK楢﨑正剛が両手でがっちりキャッチした瞬間、19試合ぶりの勝利を告げるホイッスルが鳴り響く。楢﨑は左手でボールを掴みながら、誇らしげに右の拳を突き上げた。

【新潟0-1名古屋PHOTO】闘莉王が「魂の守り」で名古屋を勝利に導く!

「久々にナラさん(楢﨑)がニコニコしているところを見たので、何よりも価値がありますよ(笑)」
 
 帰路につくチームバスに乗り込む直前、闘莉王はそう冗談めかして新潟戦に勝利した意味を語った。たしかに、ミックスゾーン(取材エリア)で試合を振り返る楢﨑には、勝利から遠ざかり、厳しい表情が続いた時には見られなかった笑顔が何度も見られた。久々の勝利の余韻に浸っていたからであり、闘莉王が入ったことでチームを牽引する部分での重圧が軽減されたところもあったのかもしれない。
 
「(闘莉王が入って)ロッカールームの雰囲気と、ピッチ上のリーダーシップは大きく変わった。俺は闘莉王ほど(影響力のある)の選手はあまり見たことがない。監督も『お前が監督をやれ』と言いたがるくらいの選手ですからね。ドゥンガ(編集部・注/1996~98年に磐田でもプレーした元ブラジル代表)でも出せない存在感だと思います」
 
 リーダーシップに関しては、闘莉王の左隣でプレーした左SBの古林将太も楢﨑の意見に同調する。
 
「指示が的確すぎて焦ってしまうくらいでした(笑)。試合中には自分の意志で動いていく場面もあれば、CBからSBに言ってもらわないとなかなか(前に)出られない場面もある。(指示で)動かしてくれるので、すごくやりやすかったですね。今まで(一緒に)やってきたCBとは、経験や判断力などすべてで上回っているなと感じました」

リーグ優勝の味を知るタッグは、チームを“奇跡のJ1残留”に導けるか。

 この日は新潟に押し込まれる時間帯が続き、後半は割り切ってしっかり守ろうとチーム全体で共有していたという。ハーフタイムにも闘莉王をはじめ選手同士で積極的に意見交換し、修正点を確認し合った。だからこそ、前節・FC東京戦のアディショナルタイムの失点のように、これまでならば失点してもおかしくなかったピンチでも、凌ぐことができたのだろう。
 
 そして、楢﨑の一番の笑顔が飛び出したのが、報道陣から「闘莉王選手の胸トラップのパスを楢﨑選手がキャッチして試合が終わる、というのは象徴的でしたね」と振られた時だった。同じ質問をされた闘莉王は「ナラさんはビビっていたけどね(笑)」とおどけて見せたが、楢﨑は「フフフ」と笑みを浮かべながら、ラストシーンを振り返る。
 
「アイツの冷静さが成せる業だと思います。ああいう細かいところのクオリティはさすが。本当に頼れる存在ですね」
 
 楢﨑は「これでチームも浮上していく」という周囲の声を制止するように、「細かい部分は修正が必要」と言葉を続ける。とはいえ、闘莉王が復帰し、チームも19試合ぶりの勝点3を獲得するなど、残り6試合を戦ううえで希望の光が差してきたのは間違いない。希代の闘将とJ通算最多出場を誇る守護神、リーグ優勝の味を知るタッグが“奇跡のJ1残留”というハッピーエンドを描けるか。それを成し遂げた時、楢﨑にはこの日以上の笑顔が見られるはずだ。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:9月18日(日)17時59分

SOCCER DIGEST Web