ここから本文です

【J1採点&寸評】広島×大宮|勝負強さを発揮した大宮。決勝点の江坂とGK塩田を高く評価

SOCCER DIGEST Web 9/11(日) 9:00配信

広島――江坂のマークを捕まえきれなかった丸谷は厳しく評価。

[J1第2ステージ11節]広島0-1大宮/9月10日/エディオンスタジアム広島

【チーム採点・寸評】
広島 5
試合展開は理想的なものに近かった。しかし、ゴールネットを揺らすことができずにCKから失点。勝負弱い典型的な負けパターンをなぞった。

【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 5.5
攻守に安定したパフォーマンスを披露するも、2試合連続CKから失点。どこかの歯車が噛み合っていない。
 
DF
33 塩谷 司 5.5
サイドチェンジを効果的に使って攻撃を展開した。帰陣も速かったが……。
 
5 千葉和彦 5.5
ポゼッションのミスはなく、ムルジャに仕事らしい仕事はさせなかったがCKに沈む。
 
4 水本裕貴 5.5
24分には長い距離を走ってシュートを放つ。守備時は我慢強く安定した対応を続けた。
 
MF
14 ミキッチ 5.5
前半からしつこくドリブル突破をしかけて攻撃を牽引するも、クロスはことごとく撥ね返された。
 
6 青山敏弘 5.5
P・ウタカの近くまで駆け上がってチャンスを生み出したが、もっと速い攻撃を展開したかった。
 
28 丸谷拓也 4.5(82分OUT)
マーカーの江坂を捕まえ切れずにCKからの失点を招く。一瞬の怖さを思い知る結果となった。
 
18 柏 好文 5.5
ドリブルにはキレがあり、運動量も豊富でエネルギッシュにプレー。ただ、ゴールにつながらなかった。
 
25 茶島雄介 5(61分OUT)
3分に決定機を演出すると豊富な運動量でアクションを起こしたが、ゴールを奪えず交代。
 
30 柴﨑晃誠 4.5
40分のシュートはポストに阻まれ、83分のシュートは枠外へ。決定力不足は深刻だった。

広島――チャンスを逃したP・ウタカ。1か月ゴールから遠ざかっている。

FW
9 ピーター・ウタカ 5(82分OUT)
立ち上がりの絶好機を逸すると、チャンスを生み出してもゴールにつながらず。1か月ゴールから遠ざかっている。
 
交代出場
7 森﨑浩司 5(61分IN)
決定的な仕事を求められたが、存在感を見せることができないままタイムアップとなった。
 
11 佐藤寿人 -(82分IN)
柴﨑に決定機をお膳立てする場面はあったが、シュートチャンスを引き出すことはできず。
 
22 皆川佑介 -(82分IN)
意欲的にプレーしたが、敵味方入り乱れたゴール前で違いを見せる強さは発揮できなかった。
 
監督
森保 一 5
反省点の少ない試合内容だった分、勝てなかった現実は重い。今のチームは勝負強さを失っている。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:9/11(日) 9:02

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ