ここから本文です

ダービーマッチを落としたモウリーニョ「審判は2つの重大なミスを犯した」と嘆く

SOCCER DIGEST Web 9/11(日) 8:30配信

「ツケを払わされた」と語ったモウリーニョ。

 現地時間9月10日、プレミアリーグ4節でマンチェスター・U対マンチェスター・Cが対戦し、マン・Cが2-1でダービーマッチを制した。
 
 伝統のダービーマッチということもさることながら、この一戦はジョゼ・モウリーニョとジョゼップ・グアルディオラの対戦にも注目が集まり、両指揮官の一挙手一投足にファンの関心が注がれていた。
 
 そんな重要な一戦に敗れ、対グアルディオラの通算戦績を3勝6分け8敗とし、自身初のリーグ戦4連勝をも逃したモウリーニョは、試合後に悔しさを滲ませ、自らの采配と主審を務めたマーク・クラッテンバーグのジャッジについて言及した。
 
――◇―――◇――
 
「私はマークの2つ決定にとても失望しているよ。なぜなら、PKに加えて、ブラーボは退場だったからね」
 
「もし、あなたがPKとレッドカードに値しないと言うのならば、私はエリアの外でのFKとレッドカードだと主張するよ。エリア内外に関係なくファウルだったし、同じ裁定をしなければならなかった。しかし、最高の審判もミスは犯すものだ。彼は大きく試合を左右する出来事を作ってしまったことは間違いないが…」
 
「オタメンディの肘打ちはPKだ。あなたは私に彼は『そんなつもりはなかったんじゃないか?』と言いたいかもしれないが、私には彼が意図的にやったように見えたよ」
 
「正直に言うと、前半のうちに2、3人の選手が明らかにプレーできていなかったのは分かっていた。ただ、これはフットボールだ。選手は監督を失望させもするし、大きなサプライズを与えてくれたりもするんだ」
 
「今日はゲームの性質上、我々の個人技で相手にダメージを与えられると考えていたが、彼らは私の欲していたものを与えてくれなかった。これは彼らのミスか? いや私の責任だ。私は監督だし、そういった戦いを選択したのは私だからね」
 
「相手は前半からより優れていた。そうしたレベルの中で集中力を欠いた選手が我々にはいて、それが悪い入りに繋がってしまった」
 
「よりシャープに戦う必要があるなかで、我々にはそのレベルに達していなかった選手が数人いた。今日はそのツケを払わされた」

【フォーメーション図】マン・U 1-2 マン・C

最終更新:9/11(日) 15:45

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ