ここから本文です

因縁のダービー初勝利のグアルディオラ「今日はボールを使ったレッスンをした」と満足感を示す

SOCCER DIGEST Web 9/11(日) 15:00配信

「とても幸せだ」(グアルディオラ)

 現地時間9月10日、プレミアリーグ第4節でマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが対戦。今シーズン初のマンチェスター・ダービーは2-1でシティに軍配があがった。
 
 前半はシティがボールを支配し、15分にケビン・デ・ブライネが先制ゴールを決め、36分にはケレチ・イヘアナチョのゴールでリードを広げた。
 
 42分にイブラヒモビッチのゴールで1点差に詰め寄られた後半はユナイテッドが猛攻を続けたものの、シティはリードを守りきった。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、試合後に宿敵から手にした勝利に満足感を示した。
 
――◇―――◇――
 
「とても幸せだよ。試合はオープンなものになったし、ファンは楽しんでくれたと思う」
 
「前半はとても良かった。前半終了間際のズラタン・イブラヒモビッチのゴールはファンタスティックだったよ。相手は後半にシステムを変えて、ポグバとフェライニをより前に置いたことで、より強いチームになった」
 
「後半はよりオープンな展開で、カウンターアタックが多かったね。3対3、4対4や5対5になった場合、自分たちが有利になるようにプレーすべきだ。なぜなら、最終的に何が起こるか分からないからだ」
 
「我々はボールを常に持っていたし、ボールを奪われたら、すぐに奪い返した。オールド・トラッフォードに来て、ユナイテッドを圧倒するなんてことは不可能だよ」
 
「クラウディオ(・ブラーボ)のプレーは、私が見てきたパフォーマンスの中でも、最高の一つだった。前に出てきてプレーするゴールキーパーが好きなんだ。失点した後も、同じようにビルドアップして、前に出てロングボールを拾いに行っていた」
 
「サッカーとはミスをどのように対処し、個性を見せるものだ。彼はずっと同じプレーを続けていたし、それに大きな意味があった。前半のプレーが良かったのは、クラウディオのお陰だ。キーパーが攻撃的なボールを出すことが好きなんだ」
 
「もちろん、後ろで回すことはリスキーなことでもある。仮にボールを失えば、失点する恐れもある。でも試合はコントロールできるんだ。私はイングランドで最後の日を過ごすまで、ボールを使ってプレーするサッカーを心がけるよ。今日はボールを使ったレッスンをしたつもりだ」

【プレミアPHOTO】ユナイテッド 1-2 シティ

最終更新:9/11(日) 15:42

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。