ここから本文です

清水の大前が完全復活!約3か月ぶりの公式戦で会心のFK弾

SOCCER DIGEST Web 9/11(日) 20:15配信

自ら獲得したFKを直接ゴールに叩き込んでチームの3点目をゲット!

 清水のエースが帰ってきた。

 9月11日に行なわれたJ2・31節の清水対山形戦で、大前元紀が完全復活を遂げた。

 大前は6月8日の町田戦で負傷(肋骨骨折など)し、戦線を離脱。その後、長いリハビリに入っていたが、約3か月ぶりとなったJ2公式戦で77分から途中出場すると、鬱屈を晴らすように躍動した。

 ファーストプレーでポスト直撃のシュートを放ち、さらにエリア付近で獲得したFKを自ら沈めてチームの3点目を決める充実ぶり。復帰戦を自らのゴールで飾った。

 試合は山形に1点を返されて3-1で終了。試合後、ヒーローインタビューに答えた大前は、「本当に帰って来られて良かったです。またこのユニホームを着てこのピッチに立てるのは嬉しいことですし、怪我をしている間に監督だったり、コーチだったり、サポーターも家族もそうですし、トレーナーだったり、みんなのおかげでまたピッチに立てたので本当に良かったです」とコメントし、さらに自身のゴールを振り返って以下のように語った。
 
「FKも完璧に決められて良かったです。本当に帰ってきてこういう勝ち方ができて本当に良かった。待っていてくれていた皆さん、ありがとうございます」

 清水はこの勝利で暫定4位に浮上。自動昇格の権利が与えられる2位・松本との勝点差6をキープした。

 J2は残すところ11試合。エースが帰ってきた清水の追撃態勢が整った。

 

最終更新:9/11(日) 20:31

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。