ここから本文です

元レイジ、ザック・デ・ラ・ロッチャ、10年ぶりの新曲を公開

ローリングストーン日本版 9/11(日) 14:00配信

元レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのザック・デ・ラ・ロッチャ、エル・Pプロデュースによる10年ぶりの新曲『ディギング・フォー・ウインドウズ』を公開。

【動画あり】元レイジ、ザック・デ・ラ・ロッチャ、10年ぶりの新曲を公開

2016年9月8日(米国時間)、ザック・デ・ラ・ロッチャが実に10年ぶりとなる新曲を公開した。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの元ヴォーカリストは同曲で、現状に対する危機感を痛烈な言葉で表現してみせる。「蝕まれた未来 / 埃まみれの約束など信じない / 俺の投票用紙は白紙 / 与えられなかったも同然の選択肢」同曲が収録されるタイトル未定のソロアルバムは、来年にリリースが予定されているという。

攻撃的なビートとまとわりつくようなベースラインを特徴とする『ディギング・フォー・ウインドウズ』は、エル・Pがプロデュースを手掛けている。またマット・スウィーニーとニック・フックが、控えめながらそれぞれギターとキーボードで参加している。デ・ラ・ロッチャとエル・Pの2人は、2014年発表の『ラン・ザ・ジュエルズ2』に収録された『クローズ・ユア・アイズ(アンド・カウント・トゥ・ファック)』でも共演を果たしている。

デ・ラ・ロッチャの新曲は、ビットトレントを介して無料でダウンロードすることができる。公開に際し「カバー写真を撮影した故マヌエル・アルバレス・ブラボに感謝する」と彼はコメントしている。

デ・ラ・ロッチャの新作については、長い間噂だけが先行していた。2008年にはジョン・セオドアと共に、ワン・デイ・アズ・ア・ライオンとしてEPを発表しているものの、以降はわずかな客演を除けば目立った活動はしていない。

「ここ数年間、彼は制作活動に没頭しているよ」レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの元ベーシスト、ティム・コマーフォードは2015年にローリングストーン誌にそう語っている。「彼は素晴らしいミュージシャンだ。彼は自宅内に作ったスタジオで、ワン・デイ・アズ・ア・ライオンのフルアルバム制作に長い間取り組んでいるよ。同時に複数のプロジェクトを並行して進めたりしない彼にとって、今はあのバンドがすべてなんだよ」

Translation by Masaaki Yoshida

ELIAS LEIGHT

最終更新:9/11(日) 14:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。