ここから本文です

キュートとサプライズをデザインするルノーのデザイン力に脱帽【ルノー・トゥインゴ】

clicccar 9/11(日) 12:02配信

ものすごくキュートなクルマに出会いました☆

新型「ルノー・トゥインゴ」。



【この記事に関する関連する別の画像を見る】

今週はトゥインゴの試乗会がありましたが、私のFacebookのタイムラインにはトゥインゴの写真をアップしている方が多数。
でもそれ、わかります。

新型「トゥインゴ」といえば「スマート・フォーフォ―」と共同開発されたクルマ。
とはいえ、見た目はまったく違いますが。
製造工場では、同じラインに「スマート」と「トゥインゴ」の2車が作られているとか。今度是非、見学しに行きたいものです。

そして新型「トゥインゴ」は、‘パリが育てた’という、パリの街に似合いそうな旧さと新しさの融合「ネオレトロ」。ルノーの名車「サンクターボ」のイメージも受け継いで、カッコ可愛いテイストにしたのだとか。
そしてパリといえば狭い道と石畳、そして渋滞。
エンジンを後ろに積んだリアエンジン・リアドライブ(RR)にすることでタイヤの切れ角を増やして小回りが効くようにしたり、石畳の道や田舎道も元気に走ります。
フロントデザインは「笑顔」に見えるデザイン。確かにくりくりした瞳には思わずにっこりしてしまいます。
ボディカラーは全部で6色。ボディカラーも可愛いけれど、インテリアとのコーディネートに思わず♡。ヘッドレスト一体型のフロントシートにはインテリアに使われているボディカラーと同色のバイピング。フロアマットに「トゥインゴ」のイラストも可愛い。



私が今回、試乗したのはパステルブルーの「ブルートラジェ」。
この色が施されたインテリアとシートのバイピングがとってもキュート。
しかも屋根の開く「トゥインゴ インテンス キャンバストップ」。屋根の開口部は68㎜。屋根いっぱいに開く感じ。
エンジンは「ルーテシア ZEN」と同じ3気筒0.9リッターエンジン+6速デュアルクラッチの組み合わせ。

しかし、私が一番驚いたのはボンネットの開き方。
これ、説明されなければ絶対に開けられない「からくりボンネット」。
動画でご紹介したいぐらい。
気になる方は、ルノーのディーラーや自動車系イベントでどうぞ!
わくわくするよ~☆



(吉田 由美)
From Motor Fan’s Year

最終更新:9/11(日) 12:02

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。