ここから本文です

「レベルはいくつなの?」 ポケモンGOがナンパの道具に

デイリー新潮 9/11(日) 15:00配信

 獣をハントするだけでは飽き足らないのか。配信から1カ月が経ち、“一世風靡”した「ポケモンGO」がそこかしこで問題になっている。社会部記者の話。

「ゲームをやりながらの交通事故が頻発しています。8月21日までに、全国で79件が発生。23日には徳島市で運転中にプレーをしていて歩行者をはね、初の死亡事故となりました」

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏も指摘する。

「ポケモンを求めて多くの人が集まる場所では、ペットボトルを捨てるなど、ごみ問題が発生しています」

 さらに、プレーヤーを狙ったナンパ師も現れている。

「このゲームは基本的に個人で楽しむもの。人とのコミュニケーションがないので、情報を求めて現場で声をかける人が多いですね。ホストのような外見ではなく、ナンパしないような普通の男性が多い」(同)

 そのスポットの一つになっているのが、上野・不忍池にある弁天堂だ。江戸時代、上野に寛永寺が建てられたのは鬼門を護るためであったが、翻って現代、ポケモンの巣と呼ばれるレアなキャラが頻出する場所に。実際に、出向いてみると、スマホを凝視して歩く人たちがざっと200人ほどいて、人、人、人の波。

「1週間くらい前にここでナンパされたんですよね」

 とその手口を20代女性が話すには、

「女友達と3人で来たんですけど、『ポケモンが3匹いる!』ってびっくりして叫んだら、近くにいた30代の男性2人組が話しかけてきたんです。『どこにいる?』とか『レベルはいくつなの?』とかって。レベルが一緒で盛り上がったら、『お姉さん綺麗すね』『歳いくつ? 今度ご飯食べよう』と言ってきて。最後はLINEを交換しちゃいました。ま、私はポケモンの情報交換しかしないですけど」

 上野も別の意味の名所になりそうなのだ。

「週刊新潮」2016年9月8日号 掲載

新潮社

最終更新:9/11(日) 15:00

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。