ここから本文です

三拠点への移動を「楽しみ」に変える 大好きな駅弁ベスト3をご紹介します

CREA WEB 9/11(日) 12:01配信

移動空間を快適にするには?

 軽井沢に行く時は、夫と一緒に車で移動です。でも福井への移動は、ひとりなので新幹線がメイン。東京から米原まで新幹線で2時間強、そこから特急しらさぎに乗り換え、鯖江駅まで1時間弱。駅にスタッフに迎えに来てもらい、越前町のアトリエまで車で30分です。

 東京から、6キロの愛犬いくら(ケアンテリア・13歳)を連れての移動は特に真夏は辛いです……。犬用カートに入れていますが、駅にはエスカレーターがない場所も多く、一人だと気がつかない段差もあったりと、何度も持ち上げて運ばなきゃいけないシーンがあります。

 しかしこの移動を「つらいもの」と思うと、嫌になってしまうので、「楽しみ」へと変えるための工夫をいろいろ考えています。

(1) 移動空間を快適にする

 新幹線は犬と一緒の時には、グリーン車を選びます。空いていることが多く、隣に人が座る心配がありません。

 カートに入れているとはいえ、犬が苦手な人がお隣に来た場合、申し訳ないし私も気を使って疲れてしまうので。

(2) 食の楽しみをつくる

 車内で食べるお弁当を毎回の楽しみにしています。いろいろネットなどで、おいしいお弁当をリサーチ。

 ただし、問題点があります。東京駅が広すぎるのと、私はかなりの方向音痴なので、お店にたどり着けないことが多いのです。

 だけど、この1年そんな中でいろんなお弁当を試してみた結果、マイベストをいくつか紹介します。

 丸の内ハウスや大丸なども含めたら、かなりバラエティに富んだものを選べると思うのですが、時間がないと焦ってしまうタイプなのでいつも東京駅構内で買っています。

#01 松露サンド

 築地市場にある玉子焼き専門店「松露」が販売しているもの。唯一の指定農場である茨城県「都路(みやこじ)のたまご」で作っただし巻き玉子を使ったサンドイッチが好きです。

 パンよりも分厚いだし巻き玉子がはさまっています。パンと玉子の間にはうすーくマヨネーズ。ふわっふわで甘みはあるけど甘ったるくなくって、サイズ的にも車内で食べやすいのもいいです。

 量も私のブランチならこれで大満足。グランスタ東京エキナカ店で売っています。一番よく買います。

 お隣のいなり寿し専門店「豆狸」もお気に入り。小さめサイズでいろんな味が楽しめます。だけど人気で必ず行列ができているので、犬連れの私は諦めることが多いです。

築地松露
https://www.shouro.co.jp/

豆狸
http://hankyu-delica.co.jp/product-mameda/

1/2ページ

最終更新:9/11(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか