ここから本文です

実はバカップルっぽい「芸能人夫婦」TOP10

R25 9/12(月) 7:00配信

ビッグカップルが相次いで誕生した2015年に続き、芸能界は2016年も結婚ラッシュ! おめでたい報道を見るたび、「この人たちはどんな夫婦生活を送るのだろう」なんて、想像して楽しんでいる人もいるのでは? そこで、20~30代の男女会社員200人に「プライベートではすごくイチャイチャしてそうな夫婦」を選んでもらった。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

■プライベートではすごくイチャイチャしてそうな夫婦TOP10
(結婚5年以内の27組の夫婦から1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位 DAIGO&北川景子 265pt
2位 田中裕二&山口もえ 192 pt
3位 和田唱&上野樹里 88 pt
4位 妻夫木聡&マイコ 86 pt
5位 あべこうじ&高橋愛 71 pt
6位 山本耕史&堀北真希 67 pt
7位 東貴博&安めぐみ 47 pt
8位 アレクサンダー&川崎希 44 pt
9位 矢部浩之&青木裕子 36 pt
9位 東出昌大&杏 36 pt

1位は、今年1月にゴールインした「DAIGO&北川景子」。確かに、オリジナルのプロポーズソング「KSK」をリリースしてしまうあたり、“BKK”(バカップル確定)!? そのほか、「田中裕二&山口もえ」「和田唱&上野樹里」「妻夫木聡&マイコ」など、ここ1年以内に結婚が報道されたカップルが多い。記憶に新しい幸せそうなふたりの姿から、アツアツの新婚生活を連想する人も多いようだ。それでは、気になる選出理由を見ていこう。

【1位 DAIGO&北川景子】
「記者会見がとても仲睦まじかったので」(25歳・女性)
「北川景子の方が、DAIGOに甘えそう、北川景子の甘えにDAIGOも応えてそう」(24歳・女性)
「二人ともお互いを大好きなのが画面を通しても伝わってくるから」(33歳・女性)
「DAIGOがすごく甘え上手になりそうな気がしたから」(38歳・女性)
「普段はどちらもクールなので、ギャップがありそう」(39歳・男性)

【2位】田中裕二&山口もえ
「見た目は合ってないが、お互いに思いやりが人一倍なように見えるから」(33歳・男性)
「テレビでもお互いにのろけ話をしているから」(37歳・女性)
「二人とも幼く、子供っぽい感じがするから」(38歳・男性)
「田中さんが甘えてそうな気がする」(29歳・女性)
「見たままのイメージ。ほんわかしてそう」(29歳・女性)

【3位】和田唱&上野樹里
「上野さんがかなり甘えん坊そうなイメージがある」(31歳・男性)
「写真などを見るととにかくお似合いだから」(31歳・女性)
「2人とも浮世離れしている感じなので」(38歳・女性)
「明るそうだから」(38歳・男性)

【4位】妻夫木聡&マイコ
「新婚だから」(31歳・女性)
「ブッキーはイチャイチャが好きそう」(38歳・女性)
「妻夫木くんは、軽そうなイメージ」(38歳・男性)

【5位】あべこうじ&高橋愛
「ブログなどを見ると、おしどり夫婦であると思えるから」(35歳・女性)
「年の差があるからお互い甘えやすそう。よく一緒にいる姿をSNSに載せている」(28歳・女性)
「お互いに好きな感じが伝わってくるため」(31歳・女性)
「旦那様がべったりしてそう」(35歳・女性)

【6位】山本耕史&堀北真希
「表向きではプライドがあるから」(39歳・男性)
「恋の始まりが異常だったから」(35歳・男性)

【7位】東貴博&安めぐみ
「オシドリ夫婦そうでバラエティを見ても楽しそうに相手のことを話している」(28歳・女性)
「口ではそんなことないが、表情がいつもデレデレしているから」(36歳・女性)
「テレビでも仲の良さを公言していたので」(30歳・男性)

【8位】アレクサンダー&川崎希
「プライベートじゃなくても、イチャイチャしているから」(32歳・女性)
「ブログとかを見ていても仲が良さそうだし、いちゃいちゃしているのが嫌悪感なく似合う気がするから」(29歳・女性)
「チャライので」(35歳・男性)

【9位】矢部浩之&青木裕子
「青木さんがやべっちのこと大好きそうだから」(37歳・女性)
「交際中もずっと仲良さそうで、プライベートでは絶対矢部さんの方が甘えてたんじゃないかと思います」(30歳・女性)
「矢部がイチャイチャしたがるタイプ」(39歳・男性)

【9位】東出昌大&杏
「仲睦まじそうだから」(37歳・男性)

多忙を極め、誘惑も多そうな芸能界。おしどり夫婦と呼ばれていたのに、いつの間にか離婚していた…なんてケースもザラ。せめて、今回TOP10入りした夫婦には、いつまでも幸せでいてほしいもの。…なんて、余計なお世話?

(村部春奈/H14)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/16(金) 16:44

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。