ここから本文です

本田翼&山本美月は姉妹みたい!? 山本「守ってあげなきゃって感じに」

エンタメOVO 9/12(月) 21:11配信

 映画『少女』の完成報告会見が12日、東京都内で行われ、出演者の本田翼、山本美月、真剣佑、佐藤玲、三島有紀子監督、原作者の湊かなえ氏が登壇した。

 本作は、『告白』、『白ゆき姫殺人事件』などで知られる湊氏の小説を映画化。心に闇を抱える2人の女子高生・由紀(本田)と敦子(山本)が、「死体って見たことある?」という転校生の何げない告白をきっかけに過ごす、衝撃的な夏休みを描く。

 主演の本田は「絵が美しくて引き込まれるようなストーリー展開で、自分が出演してはいますけどとても楽しめました」とあいさつした。

 また、演じた役柄について「強そうに見えてもろい17歳の女の子で、自分とは全く違うタイプなので監督と話し合いながら作り上げていきました」と語ると、山本も「撮影中はモニターを見ていなかったので、(完成した映画を見て)こんなきれいに仕上がっているのかと思いました」と話した。

 劇中では親友役を演じた本田と山本。本作が4回目の共演ですっかり仲良くなったとのこと。山本が「彼女は素直で不安に思っていることなどを全部言ってくれるので、守ってあげなきゃって感じになって。実際に由紀と敦子の関係性に最後はなれたんじゃないかと思いました」と話すと、本田も「絶対助けてくれる安心感があって、自分がどんなに失敗してもフォローしてくださいますし、いい関係性だったなと思います」とにこやかに述懐した。

 また、謎めいた老人ホームのスタッフを演じている稲垣吾郎との共演について司会者から質問されると、本田は「一緒にいるシーンが少なかったので、(役柄の)謎の人という印象が強いです」とコメント。

 一方、山本は10テイク以上かかった撮影も文句一つ言わずに付き合ってくれたエピソードを披露し、「大事なシーンで長く時間がかかりましたが、何も言わずにずっと付き合ってくださって感謝しています」と語った。

 映画『少女』は10月8日から全国ロードショー。

最終更新:9/13(火) 15:08

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!