ここから本文です

ブーム到来、今こそ食べたい「ほうじ茶パフェ」

東京ウォーカー 9/12(月) 6:00配信

甘さ控えめで健康的なイメージがあることから、人気が上がっている「ほうじ茶パフェ」。

【写真を見る】老舗のほうじ茶専門店「森乃園」。いれたてのお茶と一緒にほうじ茶スイーツが楽しめる!

和風パフェといえば古くからなじみのある抹茶パフェが一般的だが、ほうじ茶パフェが食べられるお店も近年では数が増えている。ほうじ茶パフェとは、ほうじ茶を材料としたアイス、寒天、ようかんなどを主役にしたパフェで、ほうじ茶を使用しているからこそ生まれる独特の香ばしさが特徴の一つ。

パフェ評論家の斧屋さんいわく、「白玉やあずきなど、和風パフェの王道である抹茶パフェと中身が似ることも多いですが、ほうじ茶パフェはすっきりとした味わいが特徴的。ほうじ茶が生み出す香ばしさも魅力です」とのこと。お店ごとに各素材に対するほうじ茶の風味づけが異なるので、食べ比べするのも楽しいそう。甘さが控えめなため、チョコレートパフェやフルーツパフェに比べて、ダイエット中に食べても罪悪感が少な……と女性の間で好評なのも、広まりを見せた理由の一つといえそうだ。

【ほうじ茶パフェの魅力】

●素材にほうじ茶を使用 ●香ばしいほうじ茶の香り ●抹茶パフェよりすっきりとした味わい

【おすすめ 「森乃園」ほうじ茶パフェ】

自家ばい煎のほうじ茶を30種類以上取り扱う、1914年に創業したほうじ茶の専門店。併設の甘味どころでは、いれたてのお茶と、ほうじ茶を使用したスイーツを味わえる。人気の「ほうじ茶パフェ」(1,000円)には、ほうじ茶味のシロップ、寒天、アイス、もなかあん、白玉が入っている。まずは基本の「ほうじ茶パフェ」を押さえたあと、ほかのパフェと食べ比べてみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/12(月) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。