ここから本文です

楽天ファン 「いっそのこと中村紀洋を来季の新監督に」

NEWS ポストセブン 9/12(月) 7:00配信

 リーグ優勝争いが佳境に差し掛かる季節、ファンは毎日の試合結果に一喜一憂するものだが、成績がいまひとつパッとしないチームのファンはストーブリーグを先取りしたような来季の監督についての話題で盛り上がっている。パ・リーグでは、意外にも昨年就任1年目で見事日本一を達成したソフトバンクの工藤公康監督の評判が芳しくない。

「勝てたのはひとえに圧倒的な戦力があったから。孫(正義)さんサマサマですよ。勝ちパターンは乱打戦だし、1点を争う接戦ではまるで無策。だから日ハムにも猛追された。これで優勝を逃すようなことがあれば、フロントが進退伺を迫ることもあり得る」(担当記者)

 とのこと。50代ファンは本誌取材に、「城島(健司)、釣りばっかしとらんと帰って来んね」とつぶやいた。

 パの他球団のファンからは、実現はちょっと難しそうな“理想論”も。

「伊東(勤)監督は堅実すぎてつまらない。井口(資仁)がプレーイングマネージャーでお願いします」(20代ロッテファン)

「もちろん一番なのはイチローに戻ってきてもらって50歳まで選手兼監督ってストーリーだけど、田口(壮)で手を打ってやってもいい。とにかく、“オリックスの監督って誰だっけ?”という質問はもう飽きた。福良(淳一)が存在感なさすぎ」(30代オリックスファン)

 楽天ファンは「歴史が浅くて生え抜きらしい生え抜きがいないから、いっそのこと中村紀洋がいい。きっとダーティな『黒ノリ』采配でイイ子だらけのナインに喝を入れてくれる」(30代男性)と、チーム成績のせいか若干ヤケクソなコメントだった。

 一方、日ハムでは、いち早く栗山英樹監督の続投が発表された。

「ソフトバンク独走に待ったをかけた怒濤の追い上げは、栗山監督でなければできなかったこと。これで優勝すれば歴史的なシーズンになりますよ」

 根っからのファイターズファン・えのきどいちろう氏は、興奮を隠さない。

「栗山監督でなければ大谷(翔平)選手の二刀流はなかった。夢のあることが好きな人なんですね。こうなったら今年は、日本シリーズで大谷選手を見たい。それを実現させるのが、大谷という天才を預かったチーム、監督の責任だと思いますよ」

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ