ここから本文です

地下鉄 ホームドアが設置されない理由と費用の分担内訳

NEWS ポストセブン 9/12(月) 11:00配信

 銀座線・青山一丁目駅で、視覚障害者の品田直人さん(享年55)がホームから転落して死亡した事故。この現代社会で私たちが無関心になりすぎていることがこの事故を引き起こしたといえる。

 この件について取材をしていくなかで、「ホームドアの設置が進まない」という問題が浮かび上がった。現在全国9500駅のうち、655駅にホームドアが設置されているが、事故現場にはホームドアが設置されていなかった。そもそもホームドアの設置はどのように進められてきたのか? 国土交通省鉄道局都市鉄道政策課の担当者が説明する。

「ホームドアを最初に国として進めていくきっかけになったのは、2001年に新大久保の駅で起きた転落事故です。この時亡くなったのは視覚障害者ではなかったのですが、転落者を助けようとした韓国人留学生も一緒に亡くなるという非常に痛ましい事故となりました。その後ホームドア設置の具体的な方針を打ち出すことになったのは2011年のこと。東京・目白駅で白杖を持った視覚障害者が転落したことがきっかけとなりました」

 この時、国交省は「利用者数が1日当たり10万人以上の駅について、ホームドアを優先的に整備する」と打ち出した。しかしこの条件に該当する全国251駅のうち、現在までにホームドアが設置されているのはたった77駅。全体の約30%だけだ。事故現場となった青山一丁目駅も1日の利用者は約10万人以上だが、前述のとおり、ホームドアは設置されていない。

 鉄道評論家の川島令三さんは、その理由について、ホームドアの重量に耐えられるよう、まずはホームの補強から始めなければいけないこと、また線路の直近に柱が建っていることから、歩行の邪魔になることなどの問題点を指摘したが、他の駅ではどうか?

「例えばJR東日本では、品川駅の山手線ではホームドアが設置されていますが、同じ品川駅でも、東海道線のホームにはホームドアが設置されていません。これは特急列車のドア数やドアがある場所が違うので、ホームドアの設置が難しいのです。

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 11:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。