ここから本文です

老舗のお茶屋さんで味わう「宇治焙じ茶ぱふぇ」はいかが?

東京ウォーカー 9/12(月) 7:02配信

和風パフェ=抹茶パフェ、はもう古い? 最近では、その香ばしい香りがたまらない!と「ほうじ茶パフェ」がひそかなブームに。お茶の本場、京都・宇治で人気のほうじ茶パフェをご紹介!

【写真を見る】京都・宇治にある老舗のお茶屋さんが経営する「辻利兵衛本店 宇治本店茶寮」

【「辻利兵衛本店 宇治本店茶寮」 宇治焙じ茶ぱふぇ<炎>】

1860年に創業した京都・宇治にある老舗のお茶屋さんが経営する茶寮。ばい煎した茶葉の香ばしさが魅力の「宇治焙じ茶ぱふぇ〈炎〉」1,600円には、京番茶の生クリームとほうじ茶のジュレを使用。別添のほうじ茶蜜をかけながら、食べることができる。さっぱりとした後味が特徴。しっとり落ち着いた空間の茶寮でいただくパフェは、格別な味わいだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/12(月) 7:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

東京ウォーカーの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。