ここから本文です

「レンタル救世主」連続発表5。大杉漣が謎の救世主社長役!

Smartザテレビジョン 9/12(月) 10:15配信

沢村一樹が主演の新ドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系)で、初回放送日の10月9日(日)にちなみ、5日連続で10時9分に新キャストを発表する企画が9月8日より始動。最終回第5弾は、レンタル救世主システムを作った会社社長・黒宇寛太役の大杉漣の出演が発表された。

【写真を見る】個性的な“レン救”メンバーが続々と登場!

黒宇は、守銭奴でお金にがめつい男。ハイテンションで気さくで、明辺の境遇に同情し採用を即決めるものの、おじけづく明辺を突然脅す一面も持ち合わせる、つかみどころのない性格。ここに集まる救世主のメンバーは全て彼の独断で決定している。

大杉は「救世主をお借りすることができるなんて。2016年、もうそういう時代になったんですかあ!? 大杉は、そのグループのボスに就任します。腹の中が黒いのか、名前のごとく苦労(黒宇)を厭わず人のために尽くすのか、現状を言えば物すごい振り幅ある男としか言いようがない役柄です。正直これまで演じたことのない人物かもしれません。

しかも、レンタル救世主の構成員たちは、我が道を貫く愛すべき人たちばかり。想像ですが、これは一筋縄ではいかないダイナミックドラマになること請け合いです。この秋、こんなにやりがいある作品に出会えたことをうれしく思っております。

毎週日曜日の夜、視聴者の皆さんが『“レン救”のみんなに会いたいよう』って思っていただけるような作品になるよう切磋琢磨(せっさたくま)しちゃいます。 大杉レン救でした、イヤイヤ、大杉漣でした」とコメントした。

本作は、超お人よしの普通のサラリーマンだった明辺(沢村)が、期間限定で依頼者の困りごとを命懸けで解決する“レンタル救世主”の仕事に奮闘していく姿を痛快に描く物語。

ほか、藤井流星、志田未来、福原遥、中村アン、勝地涼、稲森いずみらが出演する。それぞれのコメントはこれまでの発表をチェック!

最終更新:9/12(月) 10:15

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。