ここから本文です

豊臣秀吉も愛した老舗も!伏見稲荷大社の周辺グルメ4選

東京ウォーカー 9/12(月) 16:38配信

世界に誇る観光地、京都。中でも、全国に3万社以上はあると言われている稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社は、一度は訪れておきたいスポットのひとつ。本殿の背後から奥社にかけて並ぶ千本鳥居は、異次元に続いているような神秘的な雰囲気と眺めが楽しめるので、一見の価値あり。周辺には、きつねのお面の形をしたせんべいや、門前で焼かれるスズメなど、立ち並ぶ名物グルメも見逃せない。そこで、伏見稲荷大社の周辺で楽しみたい“必食”の京グルメを紹介しよう!

【写真を見る】うな丼ときつねうどんからなる「祢ざめ家セット(2100円)/食事処 祢ざめ家

■ 豊臣秀吉も愛した創業500年の老舗!

伏見稲荷大社に訪れた太閤・豊臣秀吉から屋号を授かった、約500年の歴史ある参道前の食事処「食事処 祢ざめ家」。毎日、店頭で焼かれるウズラやウナギには、昔から継ぎ足しで作っている秘伝のタレがたっぷり。名物の「うずら焼き」(1串・800円)は、創業から変わらぬ味で、その甘く香ばしい香りが食欲をそそる。テイクアウトもできるので、お土産にもぴったりだ!

■ お山巡りの休憩スポットとして人気

伏見稲荷大社の伏見山参道・三ツ辻にある茶屋「三玉亭」。峠の茶屋をイメージさせる、昔ながらの建物の中で、「抹茶」(和菓子付き・600円)や「甘酒」(400円)、「天ぷらうどん」(700円)に「きつねうどん」(600円)など、充実した軽食と甘味を味わえる。参拝途中に立ち寄って、座敷の窓際席から木々に囲まれた朱色の鳥居を眺めながら、温かい料理で体を温めながらひと休みしよう!

■ 拝観するたびに食べたくなるいなり寿司

看板メニューは「いなり寿司」(7個・910円)。豆腐店に特注のお揚げをダシ、ザラメ砂糖、薄口醤油で甘辛く味付け、ゴボウや白ゴマを混ぜた酢飯を詰めたら完成。口いっぱいに広がる旨味が絶品だ!

■ 稲荷にちなんだきつねせんべいはここで

80年以上稲荷煎餅を手焼きで焼き続ける老舗「総本家 宝玉堂」。香ばしい香りが漂う店内には白味噌を使ったせんべいが並ぶ。パリッとした食感が特徴の、きつねのお面形の「小きつね煎餅」(5枚・550円)をお土産に買って帰ろう!

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:9/12(月) 16:38

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。