ここから本文です

松ケン主演ドラマ「ふたがしら2」を原作者も応援!

Smartザテレビジョン 9/12(月) 18:02配信

9月17日(土)よりWOWOWプライムにて放送が始まる「連続ドラマW ふたがしら2」。'15年に放送された第1弾の続編となる本作はオリジナルストーリーだが、ドラマの放送を目前に控える中、原作者のオノ・ナツメから「連続ドラマW ふたがしら2」に向けて応援のコメントが寄せられた。

【写真を見る】ドラマのキャスト陣が大きく打ち出された、書店展開ポスター

「ふたがしら」は盗賊一味の活躍を描いた痛快時代劇で、第1弾では松山ケンイチ演じる弁蔵と早乙女太一演じる宗次の2人の盗賊が、自分たちの一味「壱師」を築くところまでが描かれていた。今回新たに放送されるのは、弁蔵と宗次のその後の物語だ。

なお、原作となった漫画の連載は、ことし8月6日に発売された「ヒバナ」9月号(小学館)にて完結している。

【オノ・ナツメ コメント】

第1作がとても素晴らしかったので、続編の決定はうれしかったです。入江悠監督と脚本の中島かずきさんが描き出されるドラマ「ふたがしら」が、また見られることを楽しみにしております。

最終更新:9/12(月) 18:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。