ここから本文です

お彼岸にぴったり!みたらし団子キャンドルをお供え

東京ウォーカー 9/12(月) 21:30配信

もうすぐ秋のお彼岸。「おじいちゃん、みたらし団子が好きだったねえ」という場合でも、仏壇に団子を置きっぱなしだと虫が気になったりすぐに乾燥してしまったり…となりがちだが、今年は強力な助っ人が現れた。神仏用ローソクや線香の製造販売を手がけるカメヤマ株式会社が、9月1日に「みたらし団子キャンドル」を発売した。

【写真を見る】つや、とろみ等、本物そっくり! 「みたらし団子キャンドル」680円(税抜) ちなみに他に三色の「お団子キャンドル(笹)」もある。

これは、過去、単品で約8万個の出荷実績がある「好物シリーズ 御団子キャンドル」の姉妹品だ。「好物シリーズ」とは食品を模したキャンドルのシリーズで、えだまめやビールのミニジョッキ、カップラーメンや豆大福、焼き芋などまでいずれも本物そっくりでおいしそうな見ためのキャンドルが揃っている。

今回加わったみたらし団子キャンドルは、とろみのあるタレのお団子に火を灯すと中から白いお団子が出てくるという、細部まで「お団子感」が抜群。また火を灯し続けるとどんどん減っていくことで、「まるでおじいちゃんが食べてくれたみたい」というしみじみした気持ちになれるのもポイントだ。

合わせて緑茶キャンドル(680円・税抜)をお供えすれば、お月見もいけそうなセットに。おじいちゃんも喜んでくれるはず!?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:9/12(月) 21:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。