ここから本文です

私の神アイテム「快感!太ももマウス」「ちり紙、知ってる?」「ポニテで若返り」

週刊女性PRIME 9/12(月) 11:00配信

 他人にはわからなくてもこだわり続ける「お気に入り」にかける情熱。週刊女性の読者が、これじゃなくちゃダメ! と思う「私の神アイテム」を募集しました。

■太ももの上​でコロコロ「無線式マウス」

 パソコンのマウスは絶対に、無線式のワイヤレス、というのが私のこだわり。

 家でパソコンを使って仕事をしているんだけど、コードつきのマウスでは作業効率がガタ落ち。その理由は、パソコンを置いている机が超狭くて、おまけに物がいっぱいだから。

 実は私、マウスを動かすのは机の上でなく、自分の広~い太ももの上。これが実に心地いいのよ。画面を見ながら、太ももの上に置いたマウスを手でスーッと動かすと、思いどおりにパソコンが操作できちゃうし、腕も疲れない。

 私が仕事している姿を見た家族はたいてい、「そんな使い方もできるんだ」と、苦笑するから絶対、他人には見せられないけど、マジおすすめ。

 マウスで撫でまわすせいか右の太ももが心持ちスッキリしてきたから、今度は左の太ももでも挑戦してみようかと考え中。狭くてごちゃついた机でも楽チン、肩こりや腕の疲れもなく、スリム効果まである“太もも置きマウス”、誰かが専用品を発売したら爆発的にヒットしちゃうかも! 

(神奈川県の太ももSOHOさん・37歳)

■「ちり紙」は絶滅危惧種? 

  ちり紙って知ってますか。俗に便所紙なんていう失礼なネーミングの、シワシワでチープな紙です。これぞ私の紙、いえ神アイテム。

 鼻をかむのもトイレでも、「断然、ちり紙で」が私の信条。あのシワシワの柔らかな感触が、超気持ちよくって、手放せません。外出先でティッシュで鼻をかんだり、トイレットペーパーでお尻をふくと、まだ鼻水やおしっこが肌に残っているみたいで気持ち悪いくらい。

 もう若い人はその存在すら知らず、絶滅の日も近そうなので、大量買いしてため込んでいます。でも最近は、ちり紙を扱っているスーパーやホームセンターがどんどん減ってきているのが、悩みのタネ。ネット検索はもちろん、足を使って情報収集の日々。

 扱っているお店の人まで「それ、まだ使ってんの?」的な視線を送ってきますが、昭和の大発明品は、なんとか生き残ってほしい。絶滅寸前から守る活動、始めちゃおうかな! 

(秋田県のサンディーさん・38歳)

1/3ページ

最終更新:9/12(月) 11:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。