ここから本文です

コーヒー中毒の人は遺伝子が原因かもしれない

ライフハッカー[日本版] 9/12(月) 12:10配信

Popular Science:いつもコーヒーを飲み過ぎてイライラしている人は、その原因は遺伝子のせいなのかもしれません。

コーヒー豆という魔法の薬との相性は、遺伝子に起因する可能性があることを、最近コーヒーの消費に関連する新たな遺伝子を発見した研究グループが明らかにしました。この研究グループはイタリアとオランダでゲノム解析による研究を行い、そしてPDSS2という遺伝子が、カフェインの消費に関係していることを発見しました。この遺伝子を持っている人は、そうでない人と比べコーヒーを飲む量が少なかったのです。そして研究グループは、この遺伝子を持っている人はカフェインの代謝が遅いため、眠気を覚ますためにコーヒーを何杯も一気に飲む必要がない、という仮説を立てました。
  
「飲み過ぎなければ、コーヒーはある種の病気の予防になると言われたり、また逆に特定の病気にかかりやすくなると言われたりし、この点は議論の的になってきました」とこの研究論文の研究著者のNicola Pirastu氏がTIMEに話しました。「そのため、その原因と、どのように普段私たちが口にするものかを選んでいるのか、を理解することは非常に重要なのです」

コーヒーは心血管疾患、高血圧、アルツハイマー病、パーキンソン病、2型糖尿病、一部のがんや聴覚障害などの予防との関連が見つかってきました。

コーヒーを飲まなくても毎日暮らしていける人の遺伝子で何が起こっているかというのは、また別の話です。


YOUR COFFEE ADDICTION MAY BE IN YOUR GENES|Popular Science

Samantha Cole(訳:コニャック)
Photo by Shutterstock

最終更新:9/12(月) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。