ここから本文です

実話誌にはない、すぐそこにあるヤクザのライフ

Book Bang 9/12(月) 8:10配信

 ヤクザ系実話誌、というジャンルがあって僕も嫌いではないのだが、いったいだれが読むのだろうといつも思う。大組織の親分同士の杯外交とか、昔ながらの任侠道でシャブは御法度、みたいな話を読んで、どれだけおもしろがれるのか、よくわからない。それはある種の歴史ファンタジーか、RPGゲームを楽しむような感覚だろうか。

 そういう伝説というか、実話誌が描くフィクションに近いヤクザ世界とちがって、「すぐそこにいるヤクザ」のことを教えてくれるのが『ヤクザライフ』だ。

 僕らの多くが知っている(つもりの)ヤクザとは、前述した実話誌や映画のなかのヤクザであって、現代のリアルなヤクザは、実は僕らのすぐそばにいるけれど、僕らには彼らが見えていない。

 ダメな上司(親分)に悩まされたり、すぐ辞めてしまう若者(若い衆)に振り回されたり、SNSを駆使してコミュ力を磨いたり……そんなふうに表社会の投影でもある「見えてないリアル・ヤクザ・ライフ」が、実はこんなにも興味深い日々だということを、本書は教えてくれる。そしてこんなヤクザのリアリティを教えてくれるジャーナリストは、僕が知るかぎり上野友行のほかにひとりもいない。

 すぐそこにあって、でも見ることができない世界をパラレル・ワールドと言うのなら、『ヤクザライフ』が僕らの眼を開かせてくれるのは、2016年の日本のすぐそこにあるのに、ふだんは見ることも、気がつくこともできないままでいる裏社会のパラレル・ワールドだ。

 ずっと昔、街の名画座で高倉健の任侠映画を観た男たちが、なんとなく肩をそびやかして歩きたくなったように、『ヤクザライフ』を読んだあとで歩く夜の繁華街には、もしかしたらいつもとちがう匂いがするかもしれない。

 いつもより少しだけひんやりする空気感が。

[評者]――都築響一(編集者)

※「週刊新潮」2016年9月8日号掲載

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:9/12(月) 8:10

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。