ここから本文です

【自転車レース】ブエルタ・ア・エスパーニャ2016でコロンビアのキンタナが初優勝

CYCLE SPORTS.jp 9/12(月) 8:09配信

第21ステージはニールセンが2勝目

第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、9月11日にラス・ロサスからマドリードまでの104.1kmで最終ステージを競い、コロンビア出身で26歳のナイロ・キンタナ(モビスター)が総合初優勝し、2014年のジロ・デ・イタリアにつづいて2つ目のグランツール・タイトルを制覇した。

コロンビアの選手がスペインのブエルタで優勝したのは、1987年にルイス・エレラが南米出身の選手として初めてグランツールを制して以来だった。

総合2位は英国のクリストファー・フルーム(チームスカイ)、総合3位はエステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ)で、マドリードの表彰台には2人のコロンビア人が上がった。

最終ステージは集団ゴールスプリントになり、第18ステージにつづいてデンマークのマグヌスコルト・ニールセン(オリカ・バイクエクスチェンジ)が2勝目を上げた。

日本から参加していた別府史之(トレック・セガフレード)、新城幸也(ランプレ・メリダ)の2人はそろって完走を果たした。

■第21ステージ結果[9月11日/ラス・ロサス~マドリード/104.1km]
1 マグヌスコルト・ニールセン(オリカ・バイクエクスチェンジ/デンマーク)2時間48分52秒
2 ダニエーレ・ベンナーティ(ティンコフ/イタリア)
3 ジャンニ・ミールスマン(エティックス・クイックステップ/ベルギー)
4 クリスティアン・ズバラリ(ディメンションデータ/イタリア)
5 ニキアス・アールント(ジャイアント・アルペシン/ドイツ)
6 ロレンゾ・マンザン(FDJ/フランス)
7 ロマン・アルディ(コフィディス/フランス)
8 ホナタン・レストレポ(カチューシャ/コロンビア)
9 ルディガー・セリッヒ(ボーラ・アルゴン18/ドイツ)
10 サルバトーレ・プッチョ(チームスカイ/イタリア)
12 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)
13 別府史之(トレック・セガフレード/日本)

[第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ 個人総合最終成績]
1 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)83時間31分28秒
2 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+1分23秒
3 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+4分08秒
4 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+4分21秒
5 アンドリュー・タランスキー(キャノンデール・ドラパック/米国)+7分43秒
6 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+8分33秒
7 ダビド・デラクルス(エティックス・クイックステップ/スペイン)+11分18秒
8 ダニエル・モレノ(スペイン)+13分04秒
9 ダビデ・フォルモロ(キャノンデール・ドラパック/イタリア)+13分17秒
10 ジョーシ・ベネット(チームロトNL・ユンボ/ニュージーランド)+14分07秒
106 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+3時間34分56秒
120 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+3時間56分12秒

[各賞]
■マイヨ・ベルデ:ファビオ・フェッリーネ(トレック・セガフレード/イタリア)
■マイヨ・デ・ルナレス:オマール・フライレ(ディメンションデータ/スペイン)
■マイヨ・ブランコ:ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
■チーム成績:BMCレーシングチーム(米国)
■ブエルタ2016敢闘賞:アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)

最終更新:9/12(月) 8:09

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。