ここから本文です

社会派タレント 高橋みなみが『政経電論』に登場 新時代のリーダー像とは?

KAI-YOU.net 9/12(月) 12:46配信

元AKB48の「たかみな」こと高橋みなみさんが、9月12日(月)に公開された政治・経済をテーマとした無料電子雑誌『政経電論』第18号の巻頭インタビューに登場する。

【写真】高橋みなみの大きな画像を見る

高橋みなみさんは、4月に初代総監督をつとめたAKB48を卒業し、現在はソロアーティストとして活動中。AKB48時代に刊行した著書『リーダー論』は、幅広い層の社会人から評価を得ている。

『政経電論』第18号は、そんな社会派タレント・高橋みなみさんが、同誌編集長・佐藤尊徳さんとの対談を通して、これからのリーダー像を探っていくという内容になっている。

組織を率いる立場からひとりのアーティストとしてファンを牽引する立場となり、新たなリーダー像を目指す高橋みなみさんは、古いタイプのリーダーである佐藤尊徳さんにとってどう映るのか?

インタビューは、『政経電論』公式Webサイトより読むことができる。

最終更新:9/12(月) 12:46

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。