ここから本文です

潜入!米初・完全自動化された「ロボットだらけ」のバイオラボ

WIRED.jp 9/12(月) 7:40配信

人間の生物学者は、機嫌が悪い時はこんなふうに言うかもしれない。生物学なんて所詮、ごく少量のサンプルの液体をあっちからこっちへ移動させているにすぎないのだ、と。

【内部に潜入!動画はこちら】ロボットを使うことでより早く安く、病気のリスクなどを予測できる遺伝子検査を提供できる

こうした仕事は、彼らが働く遺伝子検査ラボが取り扱うサンプル数が1日に数十件程度であれば、うんざり、くらいですむ。しかし、1日のサンプル数が何百どころか何千にもなれば、もう完全にお手上げだ。続々と誕生する遺伝子検査企業が目指しているのは、まさにそうした規模の数を扱うことなのだ。

そこで、サウスサンフランシスコにある遺伝子検査企業Counsylはロボットを導入した。彼らはもともと自動車の組み立てに使われるロボットアームを利用しつつ、パーツを設計して独自にロボットを組み立てたのだ。こうしたロボットの導入によってCounsylは、病気のリスクなどを予測できる遺伝子検査を他社より安く提供することを目指している。

冒頭の動画では、米国で初めて完全自動化を果たした遺伝子検査ラボの内部を、『WIRED』US版が独占公開している。

SARAH ZHANG

最終更新:9/12(月) 7:40

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。