ここから本文です

カープ新井貴浩、無類の勝負強さでセ制覇に貢献。セリーグ最高齢での打点王なるか

ベースボールチャンネル 9/12(月) 11:00配信

抜群の勝負強さを見せ、打点に

 広島東洋カープが25年ぶりの優勝を果たした。投打ともに充実していたが、打線の中軸で打点を荒稼ぎしたのが新井貴浩だった。

 8年ぶりに広島に復帰した昨年は、打率こそ.275とまずまずだったが、本塁打は7本、打点は57と、全盛期には程遠い成績だった。

 一方今年は、田中広輔、菊池涼介、丸佳浩と1~3番打者の出塁率が高く、その走者を見事に還しているのが新井だ。打率も.304、18本塁打と好調だが、さらに得点圏打数がセリーグ1番で、得点圏打率.342と抜群の勝負強さを見せている。11日試合終了時点で98打点を挙げた。

 現時点で東京ヤクルトの山田哲人と2点差ながら、リーグ1位につけている。
 新井は現在39歳7カ月。もし打点王をとれば、セリーグ最高齢での達成者となる。

NPB打点王の高齢者5傑 年齢は各年10月1日時点

1. 門田博光(南海)1988年 125打点 40歳7カ月

2. Tローズ(オリックス)2008年 118打点 40歳1カ月

3. 山崎武司(楽天)2007年 108打点 38歳10カ月

4. 王 貞治(巨人)1978年 118打点 38歳4カ月

5. 衣笠祥雄(広島)1984年 102打点 37歳9カ月


 もし新井が獲得すると、1978年の王貞治を抜いてセリーグ1位、NPBで4位にランクインすることになる。

100打点到達も現実的に

 さらに新井はあと2打点で100の大台に乗る。
 100打点に到達すれば、これもNPB史上5番目の高齢になる。

NPB100打点の高齢者5傑 年齢は各年10月1日時点

1. 山崎武司(楽天)2009年 107打点 40歳10カ月

2. 門田博光(南海)1988年 125打点 40歳7カ月 ※打点王

3. 金本知憲(阪神)2008年 108打点 40歳5カ月

4. Tローズ(オリックス)2008年 118打点 40歳1カ月 ※打点王

5. 岩本義行(松竹)1950年 127打点 38歳6カ月


 新井はNPB史上5位、セリーグでは先輩の金本知憲に次いで2位になる。
 今年、新井は2000本安打を記録したが、40歳近くになって2000本を打った打者の多くは、それ以降急速に打撃成績が下降する傾向にある。

 しかし、新井は今季尻上がりに調子を上げており、今季は2010年以来、自身4度目の100打点を目前にしている。
 今年の広島はさまざまな選手が活躍しているが、新井貴浩も立派なMVP候補と言えるだろう。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/12(月) 11:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。