ここから本文です

【9月12日のマーケット】日経平均大幅反落1万6672円

オトナンサー 2016/9/12(月) 15:04配信

 9月12日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落、前営業日比292円84銭安の1万6672円92銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、米国株が前週末の9日に大幅安となったことや原油価格下落が下押し圧力に。日経平均は一時9日終値比364円安の1万6601円まで値を下げたといいます。

 東証1部全33業種が下落。個別銘柄では、第一生命保険、東京ドームが買われ、NTN、ユニチカは売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前営業日比20.76ポイント安の1323.10。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=102円50銭台で推移しています。

オトナンサー編集部

最終更新:2016/9/12(月) 15:31

オトナンサー

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。