ここから本文です

攻撃不発でドルトムントが格下に敗戦。ベンチ外の香川真司に待望論は?

webスポルティーバ 9/12(月) 11:18配信

 ブンデスリーガは第2節にして波乱が起きた。ドルトムントが、今季初めて1部に昇格したライプツィヒに0-1で敗れたのだ。ライプツィヒのラルフ・ハーゼンヒュッテル監督は大金星に、「ドルトムント相手に勝とうと思ったら、すべてがうまくいかなくてはならない」と、試合を振り返った。

【写真】ブンデス開幕戦、マインツ戦に先発フル出場した香川真司

 ライプツィヒは、レッドブルが運営する世界で4つ目のサッカークラブ(南野拓実が所属するオーストリアのザルツブルクもそのひとつ)で、ここ数年、快進撃を続けてきた。2009年にレッドブルが買収した当時は5部だったのが、わずか8シーズン目にして1部に到達。3部と2部は1年しか滞在せずに、一気に駆け上がってきた。

 今季は1部に昇格したことで、集中的な強化が行なわれるのではないかと注目されていた。夏の移籍期限終了間際には、レバークーゼンからDFキリアコス・パパドプーロスを獲得。内田篤人と同時期にシャルケに入団した選手である。

 ライプツィヒは開幕戦でもアウェーでホッフェンハイムと引き分けている。そのサッカーは守備に人数を割いて少ない人数で攻撃するスタイルではなく、積極的にボールを奪い攻撃を仕掛けるもの。弱者のサッカーではなく、躍動感がある。

 データを見てみても、シュート数は10本で8本のドルトムントを上回り、走行距離もライプツィヒの115.76キロに対しドルトムントは110キロ。支配率こそ34パーセント対66パーセントと大差をつけられたが、決して見劣りしなかった。

 一方、ドルトムントは攻撃が機能しなかった。1トップはオーバメヤン。2列目にゴンサロ・カストロ、マリオ・ゲッツェ、アンドレ・シュールレを並べたが、オーバメヤンのスピードを生かし切れず、停滞した。特にゲッツェと他の攻撃陣がワンテンポ合わず、フィニッシュにいかないシーンも見られた。

 また、トーマス・トゥヘル監督は中盤の守備にも問題があったと苛立ち気味に語った。ダブルボランチはユリアン・ヴァイグルとセバスティアン・ローデ。チームがボール保持している際は、ローデが最終ラインに入ってサイドバックを押し上げるのだが、負担が大きかったのかもしれない。

 そして何より感じられたのはマッツ・フンメルスの抜けた穴の大きさだった。89分の失点は、そのフンメルスの代役として獲得されたマルク・バルトラのクリアを拾われたところから始まった。

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 11:18

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。