ここから本文です

大きく舵を切ったApple Watch戦略【発表会現地レポート】

エイ出版社 9/12(月) 17:20配信

iPhoneを置いて、ジョギングに出られる

iPhoneがどんどん普遍性を増して、不可欠かつ存在感のないものになっていく……という話を書いたが、そもそもこんどのApple Watch Series 2があれば、iPhoneを常に持って歩く必要性も下がる。

新しいApple WatchはGPSを内蔵しているし、Apple PayでSuicaが使えるようになったことで、日本国内での支払いにも使えることになった。電話などの通信こそできないが、ワイヤレスヘッドセットがあれば、音楽を聴くこともできる。もうジョギングに出かける時に、iPhoneを持っていなくてもいいのだ。従来はジョギングの時に、Apple Watchでアクティビティを取るとしても、iPhoneを持って歩かなければいけなかった。これが意外と重いし、走っている間にパタパタとなるから、面倒なのだ。

Apple Watch Series 2なら、単体でジョギングのログが取れる。また、Apple PayにSuicaを入れておけば、ジョギングの途中で、対応自販機でドリンクを買ったり、コンビニで栄養補給用のスナックを買ったりもできる。Apple Watchを使ってジョギングのログを取ってる人なら、この便利さはお分かりいただけることと思う。

もちろんワイヤレスヘッドセットがあれば、Apple Watch単体で音楽を聴くこともできる(ご存知でした?)。新しいAirPodsなら、同じiCloud IDのものと自動的に連携してくれるので、iPhoneの方を切ればApple Watchと連携してくれる。完全に防水になったのも嬉しい。ジョギングしてバシャバシャと水をかけられるし、水泳のログも取れる。ちゃんと水泳のラップも計測できるし、泳ぎのタイプを検出して消費カロリーなども記録できるらしい。また、これでトライアスロンでも使えるようになったわけだ。

実物を見ると、ナイキ版(Apple Watch Nike +)がすこぶるカッコいい。マットブラックに蛍光イエローを組み合わせたカラーなどは、これまでのスマートウォッチにないインパクトで、実物が流通すると人気が出そう。

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 17:20

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。