ここから本文です

マインツ、打ち合いの末にホッフェンハイムと引き分け。 武藤は出番なし

フットボールチャンネル 9/12(月) 2:42配信

【マインツ 4-4 ホッフェンハイム ブンデスリーガ第2節】

 現地時間11日にブンデスリーガ第2節が行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツはホッフェンハイムと対戦。結局打ち合いの末に4-4で引き分けている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントとの第1節で今季初ゴールを決めた武藤は、ベンチスタートとなった。

 開始早々試合を動かしたのはマインツだ。開始3分にFWパブロ・デ・ブラシスがゴールを決めて先制すると、23分にも再びP・デ・ブラシスが2得点目を決めリードを2点に広げた。

 勢いに乗ったマインツは、さらに26分にもFWジョン・コルドバが3点目を決める。39分にホッフェンハイムのザンドロ・ヴァーグナーに1点を返されるも、43分にMFレヴィン・エズトゥナリが得点を決め、3点差を維持した。

 ところが、後半になってホッフェンハイムが猛反撃を開始する。57分にマインツのDFガエタン・ビュスマンが退場したことで数的優位の状況になると、FWマルク・ウートが71分、72分と立て続けにゴールを決める。さらに84分にFWサライ・アーダームが同点弾を決めて試合を振り出しに戻すことに成功した。

 その後に点は動かず引き分け。結局武藤の出番はなく、マインツは今季初白星を逃している。

【得点者】
3分 1-0 P・デ・ブラシス(マインツ)
23分 2-0 P・デ・ブラシス(マインツ)
27分 3-0 J・コルドバ(マインツ)
39分 3-1 S・ヴァーグナー(ホッフェンハイム)
43分 4-1 L・エズトゥナリ(マインツ)
71分 4-2 M・ウート(ホッフェンハイム)
72分 4-3 M・ウート(ホッフェンハイム)
84分 4-4 S・アーダーム(ホッフェンハイム)

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 7:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。