ここから本文です

今年、英国でもっとも活躍した人物は?英版『GQ』で毎年恒例のアワード

GQ JAPAN 9/12(月) 17:41配信

英国版「GQ Men of the Year 2016」の授賞式に、俳優から政治家まで多くのセレブリティが出席。彼らのドレスアップしたスタイルをチェック!

【英国版「GQ Men of the Year 2016」の授賞式 その他画像】

英国版『GQ』による「GQ Men of the Year 2016」の授賞式が9月6日(現地時間)、ロンドンの国立近代美術館テート・モダンで開催された。2016年に最も活躍した男たちが勢揃いしたパーティでの、彼らのファッションに注目したい。

スポンサーのヒューゴ ボスが選出した「最もスタイリッシュな男」に輝いたのは、ミュージシャンのマーク・ロンソン。堅くなりがちなタキシードスタイルを、ベルベットのブルージャケットで華やかに演出してみせた。同じく“青”を選んだのは音楽プロデューサーのナイル・ロジャース。「アイコン」賞に輝いたナイルは、光沢感のあるダークブルーのスーツを着こなし、白いベレー帽とともに強いインパクトのコーディネートに仕上げていた。

ファッション界からは、グッチでクリエイティブ・ディレクターを務めるアレッサンドロ・ミケーレが「デザイナー」賞を受賞。自身がデザインしたグッチのフローラル柄のタキシードを着用して授賞式に出席した。

さらに、ゲストとして授賞式に参加したイギリスの男子飛込競技の選手であるトム・デイリーは、モノクロのボタニカル柄のスーツを着用しつつ、真っ白なスニーカーを履いてスポーティなイメージを演出していた。

そのほかの出席者も、ロンドン市長のサディク・カーンや俳優のクリス・パイン、DJのカルヴィン・ハリスらがスタイリッシュなイブニング・スタイルで登場している。

英版『GQ Men of the Year 2016』受賞者一覧
(左は賞の名称、右が受賞者)
TV Personality - ベア・グリルス(冒険家、ディスカバリーチャンネル「MAN vs. WILD」ホスト)
Genius - リッキー・ジャーヴェイス(俳優、コメディアン)
Designer - アレッサンドロ・ミケーレ(ファッション・デザイナー)
Woman - エイミー・シューマー(コメディエンヌ、女優)
Band - テーム・インパラ(ロックバンド)
International Man - クリス・パイン(俳優)
Television Actor - エイダン・ターナー(俳優)
Sportsman - アンソニー・ジョシュア(プロボクサー)
Politician - サディク・カーン(政治家、ロンドン市長)
Breakthrough Solo Artist - ジャック・ガラット(歌手)
New Media Star - ケイシー・ネイスタット(YouTuber)
Writer - グレイソン・ペリー(アーティスト)
Vertu Breakthrough Actor - ジョン・ボイエガ(俳優)
Breakthrough Designer - ジェームズ・ロング(ファッション・デザイナー)
Icon - ナイル・ロジャース(ミュージシャン)
Hugo Boss Model - ベラ・ハディッド(モデル)
Patron Tequila Solo Artist - カルヴィン・ハリス(DJ)
Outstanding Achievement Man - クラウディオ・ラニエリ(プレミアリーグ・レスターシティFC監督)
Hugo Boss Most Stylish Man - マーク・ロンソン(ミュージシャン)
Legend - マイケル・ケイン(俳優)
Team - Team GB(オリンピック・イギリス選手団)
Inspiration - ビリー・コノリー(コメディアン、俳優)

Words by Winsome Li (GQ)

最終更新:9/12(月) 17:43

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。