ここから本文です

タンパク質をしっかりとりつつ、低脂肪でヘルシーに。おすすめの「4種の肉」とは?

OurAge 9/12(月) 17:30配信

効率良くタンパク質をとるなら、代表的な食材は「肉」だろう。肉にもいろいろな種類があり、それぞれに特長がある。各食品100g当たりのタンパク質含有量と合わせて、アラフィフ女性におすすめの肉をご紹介。

◆鶏胸肉 24.4g(皮なし)
鶏肉の中で最も脂肪が少なく、消化が早く、お腹に優しい

鶏肉の中でも胸肉は脂肪が少なく、さらに皮を取り除けば、より低脂肪になり◎。柔らかくて消化がいいのも特徴。あっさりした味で、調理や味つけも、さまざまなアレンジが可能だ。

◆豚肉 ヒレ22.2g・もも(赤身)22.1g
疲労回復に役立つビタミンB1が多く、ヒレやももなら低脂肪

豚肉でもバラ肉やロースは脂肪が多めだが、ヒレやももを選べば低脂肪。疲労回復に欠かせないビタミンB1の含有量は食材の中でもトップクラス。疲れやすい季節にもおすすめのタンパク源だ。

◆牛肉 ヒレ20.8g・もも(赤身)21.9g
赤身なら脂肪が少なめで、不足しがちな鉄や亜鉛も豊富

牛肉は、脂身の多い霜降り肉だと脂肪が多めだが、ヒレやももなどの赤身は脂肪が少なくてヘルシー。ほかの肉に比べ、女性に不足しがちな鉄分や亜鉛を多く含んでいるのも魅力。

◆ラム 18.8g(もも)
脂肪の燃焼を促すカルニチンが赤身肉の中でも格段に多い

生後1年未満の仔羊の肉であるラムは、赤身を選べば低脂肪。また、ラムは赤身肉の中でも、脂肪の燃焼を促すカルニチンという成分が断トツに多いのが特徴で、ダイエットにも◎だ。

最終更新:9/12(月) 17:30

OurAge