ここから本文です

欅坂46 長濱ねるは乃木坂46 秋元真夏に続く? “1.5期生”が示唆する「けやき坂46」の路線

リアルサウンド 9/12(月) 7:00配信

 欅坂46のアンダーグループにあたる「けやき坂46(ひらがなけやき)」が、各メディアに出始め注目を浴びている。

 その中で最も注目されているのが、けやき坂46のただ一人のオリジナルメンバーである長濱ねるだ。長濱は欅坂46の1期生オーディションの最終審査まで進みながらも、家族の反対で一度はデビューを断念。しかし、その後けやき坂46のメンバーという形で途中参加した。昨年11月、長濱のみでスタートしたけやき坂46のメンバーを追加募集することが決定し、今年5月8日にオーディションを勝ち抜いた18名のうち11名が合格者として選出された。その後、8月10日にリリースした2ndシングル『世界には愛しかない』には、けやき坂46初の楽曲「ひらがなけやき」を収録。8月13日には、愛知・ポートメッセなごやで初の全国握手会を開催し、その日初めてファンの前で「ひらがなけやき」を披露した。

 9月5日に放送された『欅って、書けない?』(テレビ東京系)では、『けやき坂46徹底解剖!』と題し、長濱ねるを除くけやき坂46、11名の性格、特技、ポテンシャルなどが明らかになった。

 けやき坂46は、「ねるちゃん!!」という奇声に近い大声で注目を集めた佐々木久美、魚屋さんの匂いが好きという変わった趣向を持つ高本彩花、超の付く程の音痴と声量のでかさで鮮烈なインパクトを残した井口眞緒などユニークな一面を持つメンバーが揃う。欅坂46を含めたグループ最年少14歳の柿崎芽実は「お父さんが嫌」と若さを感じさせ、サッカー審判4級を持つ影山優佳はMC役でありサッカー好きの土田晃之と意気投合しトークを展開した。後輩11名に対し長濱は、今の気持ちを書き記した手紙にて、「ずっとみんなが入ってくるのを心待ちにしていました」と一人けやき坂46として活動していた心境を明かし、続けて「上辺の友達ごっこみたいな関係じゃなくて、メンバーとしてゆっくり丁寧に大切に信頼関係を築いていきたいと思っています」と読み上げメンバーの涙を誘った。

 メンバー思いの長濱は欅坂46メンバーからの信頼も厚く、2ndシングルの選抜に長濱が選ばれた際には、ほかメンバーが自分のことのように長濱を祝っていた。欅坂46とけやき坂46唯一の兼任メンバーである長濱はソロとしても「また会ってください」を歌唱し、けやき坂46の楽曲「ひらがなけやき」では柿崎と共にダブルセンターを担っている。長濱は最もグループを多面的に見ているメンバーと言っても過言ではない。

 そんな長濱は、『G(グラビア)ザテレビジョン vol.47』(カドカワムック)にて「今の目標は漢字欅とひらがなけやきの架け橋になること」と語っている。この言葉から思い出されるのが、乃木坂46の秋元真夏の存在だ。秋元は、乃木坂46の1期生に合格するも自身の家庭の事情で活動を休止。4thシングル『制服のマネキン』で選抜メンバーとして復帰した経緯を持つ。言わば、長濱と似た“1.5期生”という位置にいる稀有なメンバーだ。以前、秋元も『NOGIBINGO!5』(日本テレビ系)で「2期生が入ってきたときは、どうにか場にいやすい環境を作ろうと思ってたんですけど、最近それを忘れかけていたので、いま一度、参加しやすい空気を唯一の1.5期生として作りたいなとは思ってます」と後輩に向け語っていた。「真夏さんリスペクト軍団」が結成されるなど、秋元も人望の厚いメンバーだ。(参考:乃木坂46・秋元真夏は1期生と2期生の架け橋に? 「唯一の1.5期生として、参加しやすい空気を作りたい」 http://realsound.jp/2015/09/post-4692.html)

 長濱は「現時点で明確なのは、明らかに漢字欅とは違う路線のグループだなということです」と『B.L.T.10月号』(東京ニュース通信社)にて2つのグループが違う路線を辿っていくことを示唆している。それは、「サイレントマジョリティー」などとは一線を画してポップな曲調の「ひらがなけやき」からも明らかだ。長濱を先頭としたひらがなけやきは、今後どのようなグループのカラーを打ち出していくのか。

渡辺彰浩

最終更新:9/12(月) 7:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ