ここから本文です

「トレンド血統」のザウォルドルフ。初陣前の評価はマカヒキと同じ

webスポルティーバ 9/12(月) 11:55配信

厳選!2歳馬情報局(2016年版)

第16回:ザウォルドルフ

 夏競馬が終わって、9月10日からはいよいよ秋競馬が開幕した。これからは主要4競馬場(中山→東京、阪神→京都)が舞台となり、2歳馬のデビュー戦でも評判の高い逸材たちが続々と出走してくる。

■前回の写真。デビューに向けて順調に調整されているムーヴザワールド

 9月18日の2歳新馬(阪神・芝1800m)で初陣を飾るザウォルドルフ(牡2歳/父ディープインパクト)も、注目度が高い若駒の1頭だ。

 母は、現役時代にアメリカで活躍したウィーミスフランキー。わずか5戦でキャリアを終えたが、その中にはGI2勝という輝かしい実績がある。まさに素質で圧倒した“天才肌”と言えるだろう。その母の初仔であり、トップ種牡馬のディープインパクトをかけ合わせて生まれたのが、ザウォルドルフだ。

 デビューへ向けて、所属する友道康夫厩舎(栗東トレセン/滋賀県)で調教を積んでいる同馬。現在の状態について、関西競馬専門紙のトラックマンはこう話す。

「8月中旬に入厩して、ここまで順調に調教をこなしています。ただ、スタッフは『まだ芯が入っておらず、ゆるさがある』と慎重なジャッジ。腰がパンとしておらず、『いきなり初戦で白星というよりは、将来性に期待したい』とコメントしていますね」

 陣営のトーンはかなり控えめだ。だが、あまり悲観的に見る必要はないかもしれない。というのも、トラックマンによれば「もともと2歳馬の評価は、相当慎重な厩舎」とのこと。今年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制したマカヒキも同厩舎だが、デビュー前の評価は「ザウォルドルフと似た雰囲気でした」という。

「厩舎としては、『この状態で勝てれば、大きいところが狙えるし、それを期待する逸材』と話しています」と、トラックマンは話す。さらに、厩舎の期待の大きさについて、こう続けた。

「そもそも陣営は、『ディープインパクトの産駒らしく、背中の乗り味は文句なし。将来性は間違いなくある』と、素質の高さにはかなりの信頼を置いています。そのうえで、『使っていく中でパンとすれば、クラシックも見えてくる』と話しています。初戦で白星を取れないとしても、注目し続けるべき馬でしょう」

 また、今年の3歳クラシックでは、ある“血統パターン”が話題となった。それは、ヘイローを祖父に持つ父ディープインパクトと同じように、母方の祖先にもヘイローがいる馬だ。このように父方と母方で同血が重なることを「クロス」と言うが、今年のダービー馬マカヒキ、2着サトノダイヤモンド、さらにはGIオークス(東京・芝2400m)を制したシンハライトなどが、ヘイローのクロスを持つディープインパクト産駒だった。ザウォルドルフも同様で、その点からも活躍が期待できる。

 厩舎の高い評価とともに、近年の血統トレンドも持ち合わせたザウォルドルフ。これから競走馬として、どんなパフォーマンスを見せるのか。まずは初戦の走りをしっかりとチェックしたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara

最終更新:9/12(月) 11:55

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。